時間やスキルがない人でもお手軽にYoutuberになれる お散歩VLOG の作り方

スポンサーリンク

※2018-10-6 大幅に負荷修正しました。

※2018-10-8 関連Youtube動画を上げました

せっかく動画を撮っても、PCに保存して、Premiere開いて・・・となってくると、素人の身ではそれだけでハードルが上がり、もう面倒になって「やめよう。面倒くさい」なりがちです。そういうことになってしまってはとてももったいないです。

せっかくとった動画は、ちゃんと投稿されてこそ生きるのです。

そのためには、各段階のハードルをできるだけ下げなければなりません。

わたしがオススメしているVLOGは、Premiereなどで作り込んで、満を持して投稿する作り込まれた動画ではなく、気軽に撮ってお手軽に編集し、iPhoneからそのまま投稿するお手軽VLOGです。

今日は、いかにお手軽にVLOG を作って投稿したらいいのかご紹介します。

撮影

撮影はiPhoneもアンドロイドでもいいです。

普段使いのスマホを使うのです。

わざわざ動画用にすごいカメラを買うことはありません。

私も動画ようにパナソニックのGH5を買いましたが,お手軽Vlogを作るときには使いません。

カメラで撮るとPCに保存しなければならないからです。

もうその時点で面倒くさいです。

iPhoneでも4k30pで撮れますから、YouTubeに投稿するには十分すぎます。

アンドロイドは今は使っていませんが,状況は同じだと思います。

歩くときには手振れがでますが,少々手振れが出ても,今のスマホには結構質の良い手振れ防止機構が搭載されているので,そんなに心配しなくても構いません。

しかし,手持ちだと疲れるので,下のような手持ちポッドを使うと疲れにくくなります。ホールドしやすくもなりますよ。

syoulder Pod

歩くと流石にブレますが、立ったまま料理を撮ったり、風景を撮ったりする分には全く問題ありません。

スマホの手振れ補正機能はかなりのものです。

タイムラプスも手持ちのままやってもそんなに困りません。

プロじゃないのです。

じわーっと背景が動きながらの車や通行人のタイムラプスもいいものです。

ということで、手持ち撮影でも全く問題なし

下は,2017年の3月ごろ録った完全手持ち撮影Vlogです。

[

 どうしても手振れがいやなら,「ジンバル」と呼ばれるスタビライザーを使うのもいいと思います。

ジンバルは,扇形の動きや,お辞儀の動き,左右を見る動きの3軸の動きを打ち消してくれます。

具体的には,体右に傾くと,モーターが同じ量だけ左にまわり,結果,カメラを動かさないようにしてくれるのです。

そんなジンバル,私の場合はOsmo Mobileをジンバルとして使っています。

投稿

撮影したままの撮って出しでそのままYouTubeに投稿するのがこの記事での一番のオススメです。

私達には,かっこよく作りこむ時間もなければ,すきるもないのです。

やっていくうちに身に着ければいいでしょう。

YouTubeアプリを開いてそこから投稿すれば、フルHD 1080pでそのまま投稿できます。

写真から動画を選択して、メニューからYouTubeを開いて投稿するやり方ではHDでも720pでした投稿できなかったので、現在はYouTubeアプリからの投稿に落ち着いています。

4kで撮った動画でも、ダウンコンバートして1080で投稿してくれます。4kの綺麗さ、緻密さはそのままに1080pで投稿してくれるのは、まだまだ4kで見ることがスタンダードになっていない現状においては都合の良いことです。

スポンサーリンク

編集

撮って出しでも問題なし!とはいっても、時にはカット編集したり、テキスト入れたり、音楽入れたりなどの編集を加えたいこともあります。

そんな時は、お手軽にiMovieを使います。(アンドロイドにも,なにか最初から搭載されている動画編集アプリがあると思います。ここでは,iPhoneを例に説明します。)

尺を縮めたり、カットしてシーンを入れ替えたり、音楽やタイトルを入れたりということが簡単にできます。

好きな位置に好きなフォントで、それもモーションつけて、などと言ったことはできませんが、お手軽VLOG ではそんなことまではやりません。

編集を加えた動画を一般の動画として保存するときには、もともとの動画クリップが4kなら、ここでも4kのまま保存して4k動画を作ります。

YouTubeに投稿するときにダウンコンバートしてくれます。

もともとの画質がいいので、YouTube側で再エンコードされて画質が劣化しても高いクオリティは保ってくれます。

サムネイルになるタイトル画面を作りたい

このあたりまでは、お手軽動画としては許容範囲。

なぜならiPhoneアプリに、お手柄に高品質のサムネイルを作ることができるものがあるからです。

おすすめはこれ。

色々使ってきた中で、これが一番使いやすくで、良いものができると思っています。

おすすめポイント1 フォントの数がハンパない

下の図のように、選べるフォントがものすごく多いです。

これは、日本語フォントだけで、さらに英語フォントが加わります。

日本語フォントがこれだけあるアプリは他に知りません。

おすすめポイント2  装飾の満足度

動画では、文字をはっきり見せるために、縁取りとシャドーはかけたいもの。

iPhone内でそのどちらもできるのはこのアプリだけでした。

動画の中のサムネイルにしたい場面をスクリーンショットを取ります。

その後このアプリを開いで読み込み、テキストを入れます。

こんなに「サムネイル映え」するタイトルができます。

そんなに時間もかからないので、私はお手軽の許容範囲内として、わたしの動画で使っています。

以上です。

「お手軽」を大事にすることで、様々なハードルが下がり、投稿に結びつきます。

有名YouTuberのような高品質の動画を作りたくなることもありますが、それは時間やエネルギーなどの余力があるときにしましょう。

スポンサーリンク

関連動画 追記2019-10-8

本投稿について,補足や,操作の説明のための動画を作りました。

今後,このシリーズをさらにつくっていきます。

どうぞご覧の上,お気に召したら「登録」お願いします

近頃のVlog

お手軽すぎにもほどがありますね。

でも,いいじゃないですか。

上の関連動画でも紹介されてますし。

この記事もどうぞ~Vlog上級編

🍏 ブログと連携させたい人に

ブログをさらに読んでもらうためにYoutubeと連携し,相乗効果による向上をねらう

🍏 お散歩Vlogについてもう少し詳しく知りたい人へ

お散歩動画は、言葉のフリーライティングである

Lyustyleのジンバルウォーク始めて見た。いわゆるお散歩Vlog

🍏 かっこいいタイトルや説明を入れ込みたい人へ

時間やスキルがない人でもお手軽にYoutuberになれる お散歩VLOG の作り方

🍏 動画を撮るとき,ぶれないようにしたい人へ

Vlogerの必需品!OsmoPocketを買うと、どんな素晴らしい未来が待っているのか

動画好きにはたまらない! Osmo Mobileがあると、あなたの生活がもっと楽しくなるよ

DJI Osmo Mobile 一か月使用~期待できるスタビライザー

DJI Osmo Mobile使用3ヶ月目のレビュー

🍏 動画のスキルを上げ,質を高めたい人へ

iPhone動画作成の技能のあげ方

iPhoneで音声のワイヤレス録画を可能にする夢のようなSmartMike

GH5で撮った動画をiPad Pro、iPhoneだけで、編集する

🍏 おじさんやおばさんたちへ

みんなでおじさんユーチューバーになるのだ~Over50 YouTuver 宣言

更新履歴

2017年10月18日 公開

2018年10月6日 大幅にリライトしました。

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ポケットモバイルCloudは本当に無制限で最安値のCloudWi-Fiなのか


Cひかり 遅くならない安定のネット回線

-Vlogの作り方
-,

© 2020 知的生活ネットワーク