Kindle出版コーチング

Kindle出版に興味があるけど、「何を書いたらいいかわからない」という方へ向けて、本のアイデアを出し、「誰に向けて」「どんな内容を」「どんな構成で」書くのかをいっしょにつくっていくためのコーチングの申し込みページです。

コーチングの内容

  • 期間は1か月。
  • 週1回、計4回のセッション(60分)
  • 随時、必要に応じてSkypeでの相談

つまりコンサル的なサポートも含んでいるものになります。

 

さらに,

  • 相談内容を蓄積していくためのChat、
  • 使った資料を蓄積し、クライアント同士で共有会えるようにするためのScrapBoxの利用、
  • そしてアイデアだしのための アイデア作成シートの提供

これらをコンテンツとしたコーチングパッケージとして提供します。

行うこと

4回のコーチングで、

  • 「何を(内容)」
  • 「誰に向けて(ターゲット)」
  • 「どのように書くか(構成)」

を決めます。

アイデア作成シートを使って、コーチの質問に答えながら、自分の強みをさぐり何を使えたいのか、誰に伝えたいのかを明らかにしていく。

この間、質問が生まれたりサポートがほしかったりする時には、随時Skypeで相談に乗る。

それらの過程をChatに残しつつ、参考情報を蓄積して共有しあう。

コーチングの範囲

たった一か月と思われるかもしれませんが、アイデアを出して、「誰に」「どのように」伝えるか」までなら1か月で十分と考えています。

そこまでできれば執筆は大変なことではありません。

(1ヶ月でできない場合は,必要に応じて延長は可能です。)

あくまで,執筆前の段階までのコーチングです。

ですから、実際の執筆、表紙作成のための支援、出版支援、出版後の諸てだてについては扱いません。

コーチングまでの流れ

下記フォームから申し込んでいただき、

時間を決めてオリエンテーション(契約とコーチング説明、シートの使い方説明)を行います。

セッションは4回。次の段階を経てすすめていきます。

  • 1. シートにより、自分の強み、伝えられる経験を出し、広げていく。
  • 2. 需要がありそうかどうかリサーチする
  • 3. 需要があり、伝えられるものについて、オリジナルなポイントを探る
  • 4. 「何」を伝えたいのかを明確にし、それを届けるターゲットを決める
  • 5. ターゲットにどのようになってほしいのか明らかにする。
  • 6.どのように伝えたらよいのかテンプレートを基に構成を作る
  • 7. コーチング終了(必要があれば延長)

ここまで決まれば、執筆はそんなにむずかしくありません。

つくったアウトラインに埋め込んでいけばいいので、ぶれずに書いていくことができるからです。

ただし,実際の執筆、表紙作成のための支援、出版支援、出版後の諸てだてについてのコーチングを必要とする場合は,別のコーチングとして相談に応じさせていただきます。

コーチング料

今回のコーチングは、「kindle出版」に特化したパッケージとしてつくったものです。

はじめてのパッケージ商品ですので、

モニター価格 5,000円で募集します。

1セッション60分の4回のコーチングに,ミニ・コンサルと随時スカイプ相談がついてのこの価格は,かなり破格です。

本来1セッション30分で行いますし,随時相談などは一般的なコーチングにはありません。

また,出版後の売上でカバーしてしまえる額でもあります。

現在,3名の方の1ヶ月コーチングの枠が決定しましたので,11月からのスタートとなりますが,今お申し込みいただければ,モニター価格でご提供します。

2021年10月21日

© 2021 知的生活ネットワーク