OsmoPocketとGoProの使い分け方

2019年3月6日

日曜日に、六本松から美術館前を通って護国神社へ行く道をOsmoPocketで撮りました。

高いところを見上げる時以外は、全てOsmoPocketをクリップマウンドでカバンのベルトに付け、てはポケットに突っ込んだまま、という両手空きのスタイルで撮りました。

OsmoPocketは、手軽にそれができるVloger必携のジンバル付きビデオカメラなんです。

OsmoPocketの画角は町歩きに十分の広さ

全て入れたければ画角の広いGoPro

鳥居など、高いところから低いところまで入れたい場合は、画角の広いGoProが適しています。

なるべく広く入れたいときはGoPro

こういう画像ですね。

画角が広いから撮れます。

OsmoPocketでは、足しか入りません。

でも、歪みは大きいです。

ちなみに少し離れると、OsmoPocketの画角の方が気持ち良いです。

こんな場面も、OsmoPocketならなんとか鳩が見えますが、GoProだと全く見えません。広く入る反面、小さくなりすぎます。

広い画角=歪み

こんな広いところは、全部入れようとすると、どうしても水平方向の線が湾曲します。

OsmoPocketの画角なら適正です。

GoProは、全部入るんですが、どうでしょうね。

下の画面の階段は、実際にはまっすぐなんですよね。ここまでして全部入れてもらわなくてもいいので、そういうところはOsmoPocketの方がいいですね。

広く撮るか、自然の画角で撮るか

GoProの全て入る良さと、湾曲の不自然さ。

OsmoPocketの画角の狭さと、画像の自然さ。

どちらを取るかですね。

高いところを撮るにはGoProが良さそうです。

わかったこと

広いところは広く撮れるGoPro柄いいかなと思ってたんですが、むしろOsmoPocketの画角の方が自然でした。

形が歪んでもらいいから、鳥居やひな壇のように全部入れたい場合はGoProですね。

使い分けがわかってきました。

どちらも持っているといいなと思いました。

実際の動画をご覧ください

この記事もどうぞ

この記事もどうぞ~Vlog上級編

🍏 ブログと連携させたい人に

ブログをさらに読んでもらうためにYoutubeと連携し,相乗効果による向上をねらう

🍏 お散歩Vlogについてもう少し詳しく知りたい人へ

お散歩動画は、言葉のフリーライティングである

Lyustyleのジンバルウォーク始めて見た。いわゆるお散歩Vlog

🍏 かっこいいタイトルや説明を入れ込みたい人へ

時間やスキルがない人でもお手軽にYoutuberになれる お散歩VLOG の作り方

🍏 動画を撮るとき,ぶれないようにしたい人へ

Vlogerの必需品!OsmoPocketを買うと、どんな素晴らしい未来が待っているのか

動画好きにはたまらない! Osmo Mobileがあると、あなたの生活がもっと楽しくなるよ

DJI Osmo Mobile 一か月使用~期待できるスタビライザー

DJI Osmo Mobile使用3ヶ月目のレビュー

🍏 動画のスキルを上げ,質を高めたい人へ

iPhone動画作成の技能のあげ方

iPhoneで音声のワイヤレス録画を可能にする夢のようなSmartMike

GH5で撮った動画をiPad Pro、iPhoneだけで、編集する

🍏 おじさんやおばさんたちへ

みんなでおじさんユーチューバーになるのだ~Over50 YouTuver 宣言

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

-096 GoProの紹介, 097 OsmoPocketの紹介
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.