06 知的生産の方法

Youtubeパートナーシップへのハードルが上がり,今後どうすればいいのか

投稿日:2018年2月4日 更新日:

 YouTubeのパートナーシップの取得の条件が厳しくなりました。

 

 昨年の春までは、私たち一般のユーザーでも、パートナーシップに申し込めば普通に広告を入れられたのですが、その後、10000ビューないチャンネルは広告をあげられなくなりました。

 しかし、それは時間をかけさえすれば到達できるレベルであり、辞めずに楽しくやって入ればいつかは叶うというものでした。

 

 ところが、今回のは少し厳しくなりました。

 登録者が1000人いないとダメなのです。

 さらに、年間に4000時間。

 

 これを、クリアしようとするには並大抵のことではありません。

 さて,ここで多くの「悲報」動画や,「悲報」記事がでました。

 これでYoutuberとしてやっていくためのハードルが上がったので,今から参入する人は大変,登録1000人なんて・・・というような内容でした。

 

 確かに登録者というのは,登録する側にさいころがあり,私がそのさいころを振って,というわけにはいきません。

 しかし,そのさいころをふらせることはできます。

 内容のある,よい動画をつくればいいのです。

 内容がよければ,登録者も一人増え二人増え,必ずいつかその1000人に到達するでしょう。

 年間4000時間という条件も同じくクリアできるはずです。

 

 このことは,いい加減な内容の動画は淘汰されていくということです。

 今回の条件のハードル上げには,昨年末の世界的に有名なあるYouTuberの事件がきっかけになったといわれています。

 再生回数を上げるためには何をやってもいいという姿勢から生まれたこの事件。

 

 国内でも,昨年,レストランでメニューを全部頼み,食べきれずに終わった動画が多くの人に非難されました。

 

 行き過ぎたマネタイズはこのようなことを招きます。

 

 みんな,スタートは広告がどうだ,なんてことじゃなく,動画をアップしてみんなに楽しんでもらおうという純粋な楽しみのために始めたのです。

 それが,いつのまにか人の役に立つよいコンテンツがたくさん蓄積され,人類の英知の一大データベースになりました。

 その一部を自分も担おう,そしてよろこんでもらえたらそれでいい。

 そういう動画がたくさん増えてほしい。

 

 今回のハードル上げは,そういった意味で,エルサゲートのような悪質動画や,悪ふざけ動画,広告収益のために自動作成されたような中味の内動画が淘汰されていく一助になるのではないかと期待しています。

 

 でも,僕は,いつかきっと登録者1000人を達成して,パートナーになりたい。

 それは,「Lyustyleは広告を載せてもいいくらい良質な動画をつくれるようになったのだ」と認めてもらえたということだと思います。

 

lala
というわけで最新Vlogのご紹介です

「ウォーキング時のメモの取り方について語る」Vlog22

 「題名がちがうじゃないか」と言われそう。

 実は,「Filmic Proの前面マイクとSmart Mike の比較」をするためのおしゃべりの内容が,「ウォーキング時のメモ」なのです。

 マストドンの「グルドン」向けのタイトルは,「Filmic Proの前面マイクとSmart Mike の比較」

 こちら向けのタイトルが「ウォーキング時のメモ」ということで,どうぞご理解を。

コーチLyustyleのサイト

lyustyle
コーチとして活動するにあたり,専門のサイトを立ち上げました

コーチングLyustyle

  • コーチングの意味
  • コーチングを受けることで得られるもの

などに加え,

さまざまな悩みや問題をともに考え前進していくための情報を掲載していきます。

こちらのブログとは協力に連携をしていくつもりです。

lala
どうぞご訪問ください。

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-06 知的生産の方法
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2018 All Rights Reserved.