記事内に広告を含む場合があります。

持ち歩きバレットジャーナルに最適なペンホルダー「ペンフッククリップ」

知的迷走日記保管庫

バレットジャーナルに関する記事を毎日書いています。

今日は、持ち歩きバレットジャーナルに最適なペンホルダーを見つけた話です。

ペンフッククリップ

紹介したいのはこれ。

ペンフッククリップ。

どこがどうペンホルダーなんだ?と思われるかもしれませんね。

ところが、これが最強。

ペンを挿しやすいし、抜きやすい。

抜き挿しを繰り返しても壊れない。

もう最強です。

ちょっとみてみましょう。

めず、大きさですが、結構大きいんですよ。

b6ならノートと比較するとこのくらいあります。

パンと比較した方がわかりやすい?

結構大きいですよね。

これを、ノートの表紙に挿します。

お分かりですね。クリップの端が浮いてるんです。

ここにペンを挿すんです。

すると、こう・・:

スッと挿せます。

とるのも楽。

手荒な人でも大丈夫なペンホルダー

前は、これを使ってました。

上から
横から

ペンを挿すところがスプリングになっています。

クリップはかなり強く、モレスキンの表紙に挟むと簡単には取れません。

スプリングになっているので、太めのペンもスッと入ります。

なかなかいいので、これまで3つくらい書いました。

ところが!

みていただけるとお分かりかと思いますが、スプリングが歪んでいます。

そう、ぼくの使い方が荒っぽくて、無理やりペンを入れたり出したりしている時に、ビヨーンと伸びるんですね。

結構丈夫なので、ちょっと伸びたくらいでは変形しないんですけど、僕の手にかかれば、そんな堅牢なスプリングもひとたまりもありません。

実は3回買ったのも、全部手荒く扱って歪めてしまったからなんです。

気の毒なことをしました。

ところが、そんな手荒な僕でも、このペンフッククリップは全く変形しません。

僕みたいな手荒な人にはお勧めかと思いますよ。

created by Rinker
ハイタイド
¥637 (2024/06/26 00:23:27時点 Amazon調べ-詳細)

持ち歩きと据え置き

今日は、「持ち歩きバレットジャーナル」という言葉を使いました。

ぼくは初めてバレットジャーナルを始めた時から、持ち歩きができる大きさに拘っています。

持ち歩きが好きなんです。

バレットジャーナルのユーザーの軸には2種類ありますね。

持ち歩きユーザーと、もう一つは据え置きユーザーです。

僕は、どこでも手帳を持ち歩き、それを開いてなにやら書き付けるというスタイルが好きです。

最初にバレットジャーナルを始めた3年前も、ほぼ日と同じサイズのMDノートでしたし、

今回の再会でもモレスキンのクラシックタイプ(の大きさのダイスキン)でした。

とても使いやすい大きさです。

小さいので、マンスリーログに30日分全部入らずに右ページにはみ出てしまうのですが、それ以上に持ち歩き性に優れているので大好きなんです。

3月から使っているセリアの百均はB6。

これもなかなか持ち歩き性にすぐれています。

以前、ほぼ日カズンを2年ほど使ったのですが、据え置きは僕に合わず結局満足いく使い方ができませんでした。

どうも僕は、歩き回っている時でなければ、メモやノートが捗らないようです。

書斎の机で、落ち着いてじっくりとノートを書くというのがなかなか苦手なようです。

そんな僕ですが、A5のロイヒトトゥルムはどうかな?と思ってLOFTで見てみたら、やなら僕には大きすぎ。

とても持ち歩きができる大きさではありませんでした。

据え置き得意な方にはとても良いノートだと思います。

created by Rinker
LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム1917)
¥7,193 (2024/06/26 00:23:28時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事もいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました