マルチポテンシャライトにはバレットジャーナルがおすすめの理由〜手帳をあれこれ使いたくなる人へ

マルチポテンシャライトとは、やりたいことや仕事を一つに決められない人のことです。

バレットジャーナルは、あれこれと手帳やノートをつまみ食いしてしまう私のようなマルチポテンシャライト傾向のある人間にもかなり親和性があります。

あれこれ使いたい手帳を使える

一つのことに決めるのが苦手なマルチポテンシャライトは、手帳やノートをひとつに決めるのも苦手な傾向があります。

すぐに他の手帳を使いたくなり、年間を通して何冊もの手帳やノートを購入して書き散らかしてしまったりします。

バレットジャーナルは、ノートや手帳の変更OKですから、マルチポテンシャライトにぴったりだと言えます。

私はモレスキンで始め、少し小さいなと思ったので、ひとまわり大きいB5のノートを使いたくなりました。

そこで百均ノートにいいものがあったので、3月はそれ使うことにしました。

ところが、プラスチックの表紙で堅牢だと思っていたこのノートも、実際に持ち歩いてあったのでたったまま、書く時にはどうしてもたわんでしまいます。

そこで、4月からは、モレスキンのラージを使うことにしました。

2ヶ月で3冊のノートをバレットジャーナルにしたわけですが、どれもバレットジャーナルとしての機能を備えたノートとして使えますので、いくらノートを途中で変えても困ることはないんです。

一冊使いきる必要もない

バレットジャーナルのシステムでは、ノートを最後まで使い切る必要もありません。

一冊の最後まで使い切るのを待たずに他のノートに目移りがしてもOKです。

途中からノートを変えればいいんです。

そのノートが何冊目か、ということだけを表紙にでも書いておけば、そこに書かれた情報は、インデックスやスレッド処理などで、何冊目の何ページにあるかを示すことができるからです。

空いたところがもったいないと思うマルチポテンシャライトはあまりいないと思いますが、もしもったいないと思うようでしたら、落書き用のページにでもしておけば良いと思います。

並行して何冊も使って構わない

バレットジャーナルを何冊も使い分けている人もいます。

「見せるための」配信用バレットジャーナルを別に作っている人だっています。

職場とプライベートで2冊持っている人も多いでしょう。

私などは、仕事場だけで、3冊のバレットジャーナルの形式のノートを使っています。

🍏職場の机上に据え置いておくノート

🍏持ち歩きてメモを取るノート

🍏研修に持って出るノート

この3冊です。

それぞれ、つばめノート、システム手帳、リングリフィルノートとなっており、全部違います。

もしかしたら、これだけいろんなノートを使うのは、わたしがマルチポテンシャライトだからかも知れません。

用途に応じて、使いたいノートを使うのです。

まとめ

以上のような理由から、バレットジャーナルのシステムにおいては、

どんなノートを一度に何冊も使っていいし、

取っ替え引っ替え使ってもいいし、

そもそも一冊使い切らなくてもいい、

という、マルチポテンシャライトにとって全く適したノートであると言えますね。

こちらの記事もいかがですか?

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

-バレットジャーナル
-,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2020 All Rights Reserved.