ZV-E10 動画の手ブレ補正は結構いい

ZV-E10は。VlogCamという性格上,動画を取るときの手ぶれ補正には力を入れたカメラです。

しかし,様々な方のレビューを見てみると,動画の手ぶれ補正の印象はかんばしくないです。

しかし,実際に使ってみたところ,そんなに酷いものでもないという印象を持ちました。

 

なぜZV-E10の手ぶれ補正のレビューが香しくないのか

ZV-E10で動画の手ブレ補正がネガティブなのか。

アクティブ手ぶれ補正のクロップが大きすぎる

それは,「アクティブ手ぶれ補正」にすると,まわりがかなりクロップされてしまうことが上げられます。

画像を分析して同じ部分を合わせていくと,周りの方は画像のズレが出てきてしまいます。

これを削ってしまうためにまわりをクロップするわけですね。

ぶれてない部分だけを重ねて画像を作るので,絵が固定されているように見えるわけです。

 

しかし,そのクロップされる部分がかなり大きいため,広く撮りたくても狭く感じるんです。

 

特に自撮りをしている人は,周りが切り取られて自分の顔が大きく移ってしまうため,不評です。

 

しかし,自撮りをしない人間にとっては,さほど気になりません。

 

アクティブ手ぶれ補正でも手ブレがのこっている

クロップされることと引き換えに手ぶれ補正を「アクティブ」にしたのに,手ブレが消えないというレビューがあります。

これはもう,しかたないことだと思います。

ジンバルではないので,完全に手ブレをなくすのは無理です。

レビューしている方は,いつもジンバルを使っていたり,GoProのハイパースムーズをつかっていたりで,手ぶれ補正機能を使うとほぼ手ブレが消えるという印象をもっているんですね。

ジンバルや,ハイパースムーズの画像の慣れていると,確かにいくらアクティブでもブレが残っているように見えます。

しかし,実際に使ってみると,十分に効いていると思います。

どうしてもブレが気になると言うなら,ジンバルを使わざるを得ませんが,Vlogを撮るくらいなら,全然困らないレベルだと思います。

 

ZV-E10のアクティブ手ぶれ補正の実例

ということで,手ぶれ補正の実例を用意しました。

商店街や,神社の中を,アクティブ手ぶれ補正にセットしたZV-E10を前に構えて歩いています。

少々てぶれは残りますが,ジンバルを使わないで手軽に撮る文には十分な手ぶれ補正だと思います。

ZV-E10関連記事はこちら

ZV-E10 「撮影モード」の選び方 自分の撮影用途を決める

Vlogcam ZV-E10を買うためのZV-1の下取りの仕方

ZV-E10 でシャッター音が消せない場合の解決法

ZV-E10 動画の手ブレ補正は結構いい

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。



お申し込み

登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ポケットモバイルCloudは本当に無制限で最安値のCloudWi-Fiなのか


Cひかり 遅くならない安定のネット回線

-YouTube, ガジェットレビュー

© 2022 知的生活ネットワーク