Wimaxか,楽天モバイルか?どのように比較したらいいか

2022年7月15日

ポケット型wi-fiをいよいよ導入しようかと考えてます。

現在は,10年前にDocomoの10ギガにしたまま,まったく見直しもせずに使っています。

10年前は10ギガあればだいたいなんとかなっていたのですが,今はほとんどのアプリのモバイル通信を切っておかないと,あっという間に10ギガ制限を超えてしまいます。

一度,月半ばで10ギガ制限にかかってしまい,128k制限に落とされて悲鳴を上げたことがありました。

それで,ようやくポケット型wi-fiを検討したいと思うようになりました。

それで,上のようにツイートしてみました。

  • 年縛りがない
  • 無制限で使える
  • スピードが速い
  • 月額4000円くらい

すると,いろいろとご意見いただき,それをまとめてみると,WiMAXか楽天モバイルルーター2択と思っていいようです。

まったく何もわからない状況から,少しは検討するためのとっかかりができたので,どちらにしたらいいのか,検討してみることにしました。

WiMAXのポイント

ここでは,人気の高い,GMOとくとくBB WiMAXを見てみます。

2,022年7月時点で

  • 年縛り・・2年間 3年目以降は縛りなし
  • 違約金・・・1,100円(到着後8日間は無料)
  • 端末代金・・・1年後キャッシュバックで実質0円
  • スピード・・・100M超えの記録も。光回線より速い
  • 月額・・・2ヶ月目まで1,474円,3ヶ月目以降・・・3,784円 4年目からは4,444円
  • 対応エリア・・・圏外になるところがないというレビューあり
  • 容量・・・無制限

2年縛りがあるというものの,途中解約でも1100円というのは安心できますね。

おまけに,商品到着後8日までなら無料なので,始めてみるハードルはかなり低いといえますね。

端末代金は,21780円。605円の36回払いですが,1年後に23000円キャッシュバックがあるので,実質無料となります。

通信速度は,光回線よりも速い結果がでた例もあり,申し分なし。

容量は,完全無制限。以前調べたときには,完全無制限というサービスはなくて,BB WiMAXでは,3日で15Gという縛りが会ったのですが,2022年の2月に撤廃されて完全無制限になっています。

肝心な対応エリア。これについても「アンテナがたたない・」といらいらすることは殆どないという状況はとてもいいですね。

部屋の中などは結構アンテナがたたなくなるものですが,それがほぼない。

 

実質月額は,他社よりも500円ほど高くなりますが,その分,エリアと通信速度がしっかりしています。

500円くらいなら多く支払っても対応エリアと速度の方を選ぶというのも大いにありですね。

ただし,4年目以降は4400円ということで一気に高くなります。

このときが乗り換えの時期では?という意見も。

 

楽天モバイルのポイント

楽天モバイルについては2022年7月時点で以下のようになっています。

  • 年縛り・・・縛りなし
  • 違約金・・・違約金なし いつ解約しても0円
  • 端末代金・・・キャッシュバックで実質0円
  • スピード・・・au,Docomo,ソフトバンクの3キャリアに比べて5~10mbpsほど遅いがUQモバイルやY!モバイルなどの格安simと比べると速い
  • 月額・・・3,278円(税込み)
  • 対応エリア・・・屋外では大体カバーしているが,同じ部屋の中で楽天対応エリアだったり,パートナー回線エリアになったり安定しないことがある
  • 容量・・・無制限

楽天モバイルの場合,まず「縛りがない」ということがすごく参入しやすい条件となっています。

気軽に入って,気軽に辞めることができるということですね。

どちらにしようか迷っている時,「まずは楽天に入ってみて試してみようか」という事ができます。

違約金がないということは,ポケット型wi-fiとはどのようなものか経験したいという人にとってはとてもよい選択ポイントになっていると思います。

  

スピードは,平均下り24mbpsくらいという計測報告があります。

戸外でYouTubeを見るくらいのことは余裕でできる速度です。

大手3キャリアと比較すれば,5~10mbpsほど遅いという計測報告。

動画の投稿など,大きなファイルのアップロードやダウンロードなどを頻繁にする必要がある人にとっては少々遅いと感じるかもしれません。

しかし,動画を見るなどといった一般的な用途であれば,まったく問題のない速度だといえます。

 

ただし,対応エリアについては特記スべきことがあります。

どこでも無制限ではないということです。

楽天エリア外では,パートナー回線を使うことになり,その状況では5ギガ以上使うと,スピードが月末まで1mbpsに制限されてしまいます。

これは,YouTubeが途中でいったんとまったり,かくかくしたりする速度だといえます。

SNSを使用したり,ネットニュースを見たり,ブログを書いたりするなどの用途では問題ないといえます。

しかし,「無制限」とうたっているのに,場所によるこのような条件がつくのは,ユーザーとしては気になるところです。

気持ちよく動画を見ている時,「本当に今,楽天エリア内だろうか。いつのまにかエリア外のパートナー回線エリアになって有限になっているのではないか,と気にしなくてはなりません。

 

月額は,10月31日までは3Gまでは無料で使えるのがとても人気でしたが,11月からは,3Gまでなら980円となります。

3G超えれば,20Gまでなら1980円。

それ以上は,無制限で2980円(税込み 3278円)で,WiMAXよりも500円ほど安いということになります。

 

WiMAXと楽天モバイル,どちらを選ぶか

WiMAXと楽天モバイルのどちらを選ぶか,と言うと,自分が重視するポイントで変わると言えます。

外出先でYouTubeを快適に「投稿」するために速度がほしい,という人は,「光回線より速い」というレビューがあるくらい速度がでるWiMAXということになるでしょう。

また,どこでもデータ通信のアンテナがたっていないと困るという人も,「圏外になるところがない」というレビューがあるWiMAXを選択することになるでしょう。

 

しかし,

ポケット型wi-fiというものがどういうものか,一度試しに使ってみたい,という人は,2年縛りなどがなく,いつでも違約金なしで解約できる楽天モバイルという選択になるでしょうし,

それなりに使えるのなら安い方がいい,という人も楽天モバイルが選択肢ということになるのではないでしょうか。

 

どちらを選んでもいたしかゆし,というところがあります。自分がどこを重視するのかということをはっきりさせておくのが大事ですね。

ちなみに,対応エリアについては,次のような,楽天モバイルのほうがいい,というTweetがあります。

このTweetでは,「今まで電波切れてたところでも楽天モバイルはつながって結果オーライ」と書かれています。

つまり,場所によっては楽天モバイルのほうがつながるというところがあるというわけです。

WiMAXの方が対応エリアが広いとか確実だとかは言えないということですね。

 

こういうTweetをみると,ますます「じゃ,どっちえらんだらいいんだー」という事になってしまいます。

では,私がどちらを選んだのか,どのポイントをお話します。

 

私が選んだのは「楽天モバイル」

以上のポイントを検討し,最終的に楽天モバイルを選びました。

  • 一番の理由は,「解約料が無料」ということでした。

私は初めてポケット型wi-fiを使いますので,まずどんなものなのか確かめてみたかったのです。

そこで,解約料がかからない楽天モバイルを選びました。

 

WiMAXも,商品到着後8日間は解約料無料です。

そして,私の本命は,「対応エリアが広い」「スピードが速い」WiMAXの方でした。

それなのに楽天モバイルにしたわけは以下のとおりです。

  • 解約料がいつでもゼロであること
  • 楽天ポイントで月々の支払いができること

特に,完全に楽天経済圏でくらしている私としたは,ポイントで支払えるのはとても魅力的です。

家庭での支払いをほぼ,楽天で支払っているため,毎月結構なポイントが付くのです。

したがって,楽天モバイルで特に困ったことがなければしばらく使ってみたいと思います。

 

しばらくつかっていると,対応エリアやスピードに満足できなくなるかもしれません。

その時にはWiMAXに変えてみようと覆います。

その時点で,ポケット型wi-fiについてかなり経験を積むことができているでしょうから,8日の解約無料期間でWiMAXについての評価ができると踏みました。

8日の試用で問題なければ,そのままWiMAXを使い続ければいいのです。

 

以上,楽天モバイルを選んだ訳について,お伝えしました。

2022/07/20現在,使い初めてまだ4日経過したところですので,よく判断できているわけではありません。

4日目の時点でどのようなことを感じているのかを,開設してみたいと思います。

楽天モバイル 4日目の感想

対応エリア

楽天対応エリアは,不安定だというのが正直な感想です。

楽天対応エリアになるところはたしかに広いと思われます。

先日,糸島半島をドライブしたとき,海沿いの閑散としたところがあるのですが,そこでもしっかり楽天エリア内に入っていました。

 

ところが,同じ場所なのに,前回は楽天対応エリアだったけど,今回はパートナー回線エリアになっていることがよく起こります。

私の書斎がそのような不安定な場所になっています。あるときは楽天対応エリアなのに,今日はパートナー回線エリアになっています。

ですので,不安定感が否めません。

 

さらに,楽天対応エリアか,パートナー回線エリアか以前に,施設の中などではモバイルのアンテナが立たないことが頻繁に起こります。

本屋の店内や父の施設の中でアンテナがたたなかったので,ためしにドコモ回線に変えてみたらしっかり全部たっていました。

さすがにDocomoだと思いました。

楽天はまだプラチナバンドを取得していないということです。なので,このようなことになるんだということですね。

当面,アンテナが立たないところでは,Docomoに繋ぎ変えるということでしのいでいます。

 

スピード

スピードについては問題はありません。

楽天対応エリアでは,上り30近くでることがあるので,動画のアップロードなどにもしっかり使えると思います。

しかし,パートナー回線エリアになると,同じスピードで使えるのは月に5Gまでとなっています。

動画の視聴をしていていつの間にかパートナー回線エリアになっていてはパートナー回線エリアのギガを消費してしまうので,スピードモードを切っています。

その場合には,動画はちょっと苦しいですが,ブログやSNS,メールなど少量のデータのやり取りでは問題ありません。

 

他のポケット型wi-fiを使ったことがないので,楽天モバイルが満足できるレベルなのかどうか,まだ比較はできません。

一度どこかでWiMAXに変えてみて比較することも必要化と思っています。

その場合は,解約料無料の8日間のうちに続けるかどうか決定する必要があります。

 

しかし,やはり,楽天モバイルは,楽天経済圏に浸っている者にとって,日々たまっていく楽天ポイントで支払いができるというところはとても魅力的です。

このまま,楽天対応エリアが広がり,安定してくれるのが一番いいのですが・・

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。



お申し込み

登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ポケットモバイルCloudは本当に無制限で最安値のCloudWi-Fiなのか


Cひかり 遅くならない安定のネット回線

-ガジェットレビュー

© 2022 知的生活ネットワーク