SOUNDPEATS T2 アクティブノイズキャンセリング イヤホンのレビュー 

SOUNDPEATS T2を買って1週間ほど使ってみました。

AirPodsが壊れたので,その代替のつもりで選んでいたら,人気商品としてアマゾンに紹介されていたので,5,000円以下で大丈夫化と思いながらも,勉強代として購入しました。

5,000円程度のアクティブノイズキャンセリング(ANC)で満足できるのかどうかについてお話します。

  • 道路の車のタイヤの音が聞こえない
  • バスの中で低くうなるエンジン音がしない
  • 耳につけているだけで静寂
  • 簡単なジェスチャーで外部取り込みができる

1週間つけてみてのANCについての感覚は上の通りでした。

結果としては,十分に働いていて,5000円程度のイヤホンでここまでできるのなら全く問題ないと感じています。

詳しく説明します。

SOUNDPEATS T2 道路の車のタイヤの音が聞こえない

家の中でつけてみた時はあまりANCの機能を感じることはなかったです。静かですからね。

ところが出勤の時にバス停でバスを待ちながらVooicyを聞いている時に何か「違和感」を感じ始めました。

いつもは,車が目の前を通り過ぎる時,その音量の大きさの種YouTubeやVoicyの音がよく聞こえないことがあります。

ところが,今日はなぜかVoicyの音がよく聞こえる。

はっとしました。前を通りすぎていく車の音が小さいんです,

あれ?と思ってイヤホンを外してみたら,いつもの,タイヤが道路との摩擦で起こすシャアアアアアアアアっという甲高い音やエンジンのブオオオオオオオっという重低音とがいっしょに襲ってきました。

それはもう,びっくりするほど。

これだ。これがいつもの環境音だ。
こんな爆音のようなうるさい中で,僕はこれまでVoicyやPodCast,YouoTubeなどを聞いていたのか。

それがなかったから,違和感を感じていたんですね。

そんな感覚です。
あまりの違いに驚き,これがANCかと,始めてノイズキャンセリングというものの力を感じることができました。

SOUNDPEATS T2 バスの中で低くうなるエンジン音がしない

バスの中では,ダウンロードしておいたアニメに没入していました。

あまりにも没入感があったので,途中はっと我に返りました。これにも違和感。
バスの中でこれほど没入してアニメやYouTubeを見たことがなかったからです。

あまりにも静寂です。
いつもは耳に障る,甲高い注意事項のアナウンスがまったく気にならないし,時折聞こえるボソボソとしてた低音の話し声もしません。

今回はすぐに「これもノイズキャンセリングのちからか」と思い,イヤホンを外してみることにしました。

バス停でいきなりはずして,その爆音にびっくりしたので,今回はおそるおそるイヤホンをはずしてみたら・・・・

ぐおおおおおおおおおおおおおん

という,バスの中の重低音がみちみちていました。

これがいつものバス内環境音。
すぐに,耳に障るあのアナウンスも耳に入ってきて,あわててイヤホンを装着。

また,しーんとした環境がもどってきました。

「何,この静寂」という感じです。

SOUNDPEATS T2 耳につけているだけで静寂

僕は,退職後に努めている仕事では,開始時刻が9時過ぎと遅いんです。
でも,起きる時間も家を出る時刻もそれに合わせて遅くすると,どうも気持ちがわるい

そこで,退職前のように7時に家を出て,職場近くのスタバで1時間じっくりと執筆作業をしています。

これがまた,ANCの機能のためとても静寂になります。

もともと,スタバはそんなにうるさいところではありません。
見回すと,みんな勉強をしたり本を読んだりしながらすごしています。
おしゃべりをする場ではなく,自己成長のための環境代として少し高めのコーヒー代をはらっているわけです。

時々,自分たちの声しか響いてないのがわからないのか,おかまいなしに喋ったり,朝の勉強会などで画面に向かって一人でペラペラしゃべっている人はいます。

うるさいです・・・・

でも,ほぼ静寂。

ところが,イヤホンをつけると,数段ちがった静寂感を味わえました。
没入感が半端ないです。

気づいたら,聞いていた音楽も終わっていて,何も再生されていなかったんですが,ただただシーンと静まり返った中で,僕はメルマガを書いていました。

耳につけているだけで,音楽などをならしていなくてもノイズキャンセリングが聞いているんだな,ということに気づきました。

これ,イヤホンだけじゃなく,耳栓なんですね。

まとめ SOUNDPEATS T2 アクティブノイズキャンセリング イヤホンのレビュー

以上,SOUNDPEATS T2 のANCについてのレビューでした。

アマゾンのレビューをみたら,ANCはAirPodsにかなわない,ということが書いてあったので,5000円程度ならそうだろうなと思い,特にANC性能には期待せずに買ったSOUNDPEATS T2でしたが

実際には,これ以上のANCってなんなの?と思うレベルでした。

むしろ,それ以上の静寂感はあぶないんじゃないの?と思ったほどです。

外の音を取り込む「外部音取り込みモード」にするためには,左のイヤホンの平らなところ(タッチパネルと言われている)を1.5秒長押しすると,外部の音が聞こえるようになります。

もう一回長押しすると,ノーマルモードになり,もう一度押すと,またANCモードにもどります。

戻った時の,すーっと周りの音が消えていく感じがくせになりますね。

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。



お申し込み

登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ポケットモバイルCloudは本当に無制限で最安値のCloudWi-Fiなのか


Cひかり 遅くならない安定のネット回線

-ガジェットレビュー

© 2022 知的生活ネットワーク