Lyustyleさん、教えて!〜情報収集に利用しているサイトはありますか

知的生活的ライフハックネタ

コータローさんと一緒にやっているライフハック番組のYouTubeライブ、昨日でいつの間にか7回目となっていました。

毎回、2人でライフハックネタを持ち寄って、披露し合います。

番組アーカイブはこちら

僕のネタは、毎回「知的生活的ライフハック」です。

知的生活的ライフハックネタとは,このブログで書いている「○○の仕方」の記事が元になっています。

知的生活をより充実させるための,経験に基づくさまざまな方法という感じです。

昨日は,「朝活の重要性とやり方」「読書を知的生産につなげる」の2本をやりました。

毎回,上のようなマインドマップを作って,にょきにょきブランチを生やすのを実演しながらプレゼンしてます。

「Lyusytleさん教えて!」のコーナー

前回から,コータローさんがネタの一つに,「Lysutyleさん教えて」というネタ(?)を作られました。

奥様がわたしに関心を持ってくださって,番組の中で質問してほしいとおっしゃっているとのことで始まった企画とのことです。

今回は,「情報収集に利用しているサイトはありますか」という質問でした。

RSSリーダー

お答えしたのは,最初はRSSリーダーのFeedlyです。

ブログを登録しておいて,更新されたら知らせてくれるリーダーですね。

自分に必要な情報が掲載されるブログは,これにどんどん登録して読んでいました。

ただし,この2年ほどあまり使わなくなって,iPhoneのトップ画面からいつのまにか押し出されてしまっています。

「鬼アウトプット」なので,アウトプットの時間がどんどん長くなっていて,ブログからの情報収集というのをやる時間があまりなくなってきたというのが実情ですね。

新聞の電子版

現在,一番の情報収集源は,新聞です。

新書2冊もの情報が入っている新聞には,時事ネタから,政治,経済,歴史,美術,社会,文化などさまざまな読み物が満載です。

これをわたしは読書として読んでいます。

例えば,「今からスキマ時間の読書しよう」と思ったときに,新聞を開くということもする,ということです。

現在,ブログをいくつもやってますけど,そのための情報源に新聞が使われているケースもたくさんありますね。

大事な情報が量的,質的に充実した内容で,きっちり書かれているということが大事だと思ってます。

ニュースサイトはあまりみない

ニュースサイトは,今何があっているかということの一覧性や速報性にすぐれています。

でも,それを把握するためにぱっと見ることはありますが,なかまでじっくり読む,ということはあまりしてません。

中には,質のあまりよくない(つりだけでつけたタイトルで,内容は全然ちがうものなど)コラムなどが入り混じっていて,正確性とか信頼性がそこなわれていると感じることが多いからです。

dマガジン

ドコモのdマガジンは,数十種類のあらゆるジャンルの雑誌が,月額400円くらいだったかで読めるサービスです。

雑誌とはいえ,最新のトレンドを掴むにはなかなかいいもので,佐藤優氏もよく数位称されています。

内容も充実しているので,なかなかじっくり読むというわけにはいきませんが,読書のひとつとしてひらくことはあります。

まとめ

近頃,このように質問を受けることがよくありますが,質問されることで自分のもっているものが整理されるのでとってもいいですね。

コーチングはまさにそれで,潜在的にうずまいている思いを,考えに顕在化させます。

YouTubeライフも金曜夜の恒例となってきたので,次の質問が楽しみになってきました。

このような感想もいただけるようになってきました。

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ポケットモバイルCloudは本当に無制限で最安値のCloudWi-Fiなのか


Cひかり 遅くならない安定のネット回線

-35 自分メディアの育て方
-, ,

© 2020 知的生活ネットワーク