01 メモ・手帳 02 アプリたち memoflowy workflowy

Memoflowyを使ってみて。私の深い勘違いから至福のワクワク感への道

更新日:

勘違いから、最初にがっかり

Memoflowyが出たので、このビックウェーブに乗らないわけにはいかないと思い、Workflowy好きの私はすぐに購入。使ってみる前から速攻で広告を消した。

 

 

そしていざ使ってみて、私は自分が大変な勘違いをしていたことに気付いた。

私はこのMemoflowyをPosteverのWorkflowy版だと思っていたのだ。つまり、Memoflowyで入力し送信ボタンを押せば、どんどんWorkflowyにためていくことができる、Workflowyのクライアントアプリだと。

あれだけ丁寧に、Memoflowyとはこんなアプリだと説明してあるにもかかわらず、Workflowyに直接書き込んでいくことができるアプリだと勘違いをしている人が私の他にもいるかもしれないので、この記事を書こうと思った。

Posteverとは、Evernoteのメモ入力用クライアントで、入力をすると即座にEvernoteにノートとして保存することができるアプリである。Fasteverも同じ入力アプリだが、「追記」ということができる点でPosteverの方がWorkflowyに適していると思う。

 

私はMemoflowyを、書いて送信すればどんどんWorkflowyにノートが蓄積されていき、後から段差をつけたり入れ替えたりするなどをして整形していくためのアプリであると思い込んでいたのだ。

ところが実際は違った。Memoflowyのメモ画面で入力したメモを、Workflowyに遷移してから場所を探してそこにペーストする。そのようなアプリなのだ。(WorkflowyではAPIが公開されていないので、アプリから直接Workflowyに書き込むことができないからそのような方法を取らざるをエないのだ)

だから、正直言うと、内心がっかりした。コピーしてペーストするだけだったら別にこのアプリでなくてもいいではないかとおそらくみんなが最初に思ったようなことを私も思った。たとえば、Draftsというアプリがある。出力先を何も考えずにただ無心にこのアプリを選んで入力しさえすれば、用意されているさまざまな出力先を後からゆっくり選んでアウトプットする。それでいいじゃないかと。同じことじゃないかと。

がっかりからワクワクへ

ところが、がっかりしながらも今日いちにち使っているうちに、そのがっかりがこれまた大いなる勘違いであったことに気づいた。

実はやはりWorkflowyに特化した優れたアプリであったのだ。

以下、私がいかにこのアプリが大変優れたアプリであると思ったのか述べてみたい。

Workflowyでの入力ポイントをあらかじめいくつも決めておくことができる

はじめにがっかりした時、その理由は、メモ入力したものをWorkflowy画面で貼りつける際、貼り付ける場所をちまちま探さなければならないと言うことだった。

これが入力のスピードを殺してしまうのでかなりストレスなのだ。

ところがブックマークをつくることができるということを知って以来、一気にこの「がっかり」が解消してしまった。Memoflowyに感じたがっかりの理由のほとんどが消え去ってしまったのだ。

ブックマークと言うのは、Workflowyに遷移したときに開かれる場所を登録しておける機能である。「Inbox」は、遷移後最初に開かれるトピック。たとえば「アイデア」というトピックを「Inbox」に設定しておけば、Workflowyに遷移した時に「アイデア」が開くのでそこにどんどんためていけばいい。場所を選ぶためにとじたりひらいたりしなくてもいいのだ。

このことを知って、昨日のがっかり感が一気にワクワク感に変わった。memoflowyはこのブックマークがあることによって単なるメモと貼り付け以上のポテンシャルを持つアプリになっているのだ。

これは実に快適なことだった。書いたメモについてはWorkflowyに遷移したときに自動的にアイデアと言う名前のついたトピックが開く。いちいち探さなくて良いので後は+ボタンをして新しく出た行の所でペーストボタンを押しさえすればメモの内容が貼り付けられるのだ。

また、新たなブックマークをつくる機能もある。別のトピックをブックマークとしていくつでも登録しておけるので、ペースト先を使い分けることも可能。

Workflowyでのペースト先を探さなくてもいい、という気軽感から、快適に入力ができ、気づいたらわたしはMemoflowyでブログをこの記事を含めて三つ分も書いてしまうことができた。

メモ画面で段差を表現することができる

メモ画面でメモを入力している時、行頭に空白を入れることで、それがWorkflowyに貼り付けられた時見事に段差として表現される。

(実は、これはDraftsなどからWorkflowyに貼り付ける際にもできる。Draftsに書いたメモをクリップボードにコピー。Workflowyアプリではりつけたら綺麗に段差が継承される。なぜかわからないが、Workflowy上で空白を段差だと読み替えているらしい。

ではMemoflowyのアドバンテージは何かというと、それはメモ画面とWorflowy画面の遷移のスムーズさだ。

Memoflowyだとすっと切り替わる。これがまた心地良く入力できるポイントだ。)

【追記】

実は、Draftsにおける段差表現において、Memoflowyの明らかなアドバンテージがありました。

まさにアウトライナー的な段差表現が可能だったのです。

後先を気にせずにまずメモ画面で入力

メモ画面での入力時、改行によってできた段落はWorkflowyでは別々のトピックになるのであとからいくらでも入れ替えや段差可能。後先を気にせずどんどん入力することができる。

Memoflowyのメモ画面

MemoflowyのWorkflowy画面

Workflowyにメモを入力するこれまでのFlowにおいて、これまでは先にメモを書いておいてあとからWorkflowyに貼り付けというものはなかった。

いつでもWorkflowyからまず書き込む場所を探してカーソルを移動して書き込むというFlowだったのだが、このアプリの登場でまったく逆のFlowになった。

それだけで一気に入力がはかどり、ブログ記事3つもできてしまうのだからすごい。

 

使ってみたいテンプレート機能

Memoflowyは、Workflowyにおける入力の順序をかえてしまうことで一気に生産が捗るようになったという点で私にとって実にすぐれたアプリとなった。

入力にしやすさという点から言えば、カーソル移動ができるというのも大きなポイント。

そして、何よりあしたからのMemoflowy探索においてワクワクしているのはテンプレート機能だ。

これが実にまた楽しみ。

定形化できることはたくさんあるので、工夫次第でWorkflowyでの生産がまたぐんとアップするのにちがいない。

取り急ぎ、今日はここまで。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-01 メモ・手帳, 02 アプリたち, memoflowy, workflowy
-, , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.