iPhone11の機能 まとめ

※iPhone11の発表に伴い、付加修正しました

※カメラ機能について追加しました 2019-9-10

------------------------------

そらそろまたアップルのスペシャルイベントの季節がやってきました。

行われました。

現在噂されているiPhone11の機能とはどのようなものでしょうか。

発表された内容をまとめます

調べてみました。

発売される機種

様々な情報を見てみると、今年も3機種の発売とされているようです。なりました。

昨年度売り出された3機種の後継機となりそうで、名前は「11」で、Proの名称がつくようです。 がつきました。

XSの後継機は、「iPhone 11pro」

XS Max の後継機が「iPhone 11Pro Max」

XRの後継機が「 iPhone11」

となりそうです。 ました。

Apple Pencilはどうなるのかな?

※ 全世界中でおそらく最も期待されていたと思いますが、イベントでは一言も述べられませんでした。

対応はされないようです。

今後のApple Pencil対応への期待を込めて、以下の文は残しておきます。

以下は、発表前に、予測されていた内容です。

------------------------------

iPhone7の頃から、次は、次は、と期待されてきたApple Pencilへの対応。

これはどうなっているのでしょうか。

下記の写真のケースは、iPhone11用として予約販売がすでに開始されているものです。

iPhone Maniaより引用

しっかりApple Pencil用のケースが付いています。

しかし、現在のApple Pencilよりも短いですね。

同時に新型のApple Pencilも発売されるのでしょうか?

しかし、これはあくまでも予測で製作されているため、実際のところはイベントによる発表を待たないとわからないそうです。

中国メディア快科技が掲載している情報によると、Apple Pencilは、

iPhone11pro

iPhone11pro Max

この上位二つに対応するとのこと。

もしそうならば、本来は僕ルールでは今年はスルーの年なのですが、ちょっと心が動きます。

------------------------------

※以上、予測記事の内容でした。次期iPhoneでは、ぜひ搭載されて欲しいですね。

各モデル共通スペック

三つのモデル全てに共通するのは、

🍏プロセッサがA13

🍏双方向ワイヤレス充電に対応

🍏新規格Wi-fi6に対応

🍏フロントカメラは1200万画素

🍏3D-Touchの廃止

ということです。

以下の二つは、以前から聞く言葉ですが、これまで調べないまま来ていましたので、この機会に調べてみました。

双方向ワイヤレス充電ってなに?

以下、meet i さんの記述がわかりやすかったので引用掲載します。

双方向ワイヤレス充電とは簡単に言うとiPhoneをワイヤレス充電器として、他の対応するワイヤレス充電デバイスを充電できるというもの

meet i 「次期iPhoneは他のワイヤレス充電機器への給電をサポートし、それに合わせてバッテリー容量を大容量化の可能性」

以下のようなイメージです。

meet i 「次期iPhoneは他のワイヤレス充電機器への給電をサポートし、それに合わせてバッテリー容量を大容量化の可能性」より

iPhoneが、充電器のように見えますね。iPhoneで、Apple Watch を充電しています。

iPhoneが、ワイヤレス充電をされる方もする方もできる、というのが双方向ワイヤレス充電なんですね。

Wi-fi6って何?

Wi-fi6 については、価格.comマガジンにわかりやすく説明されていました。

すぐそこまで迫ってきた5G時代に対応した、新たなWi-Fi規格として、現在標準化作業が進められている次世代の標準Wi-Fi規格

価格.comマガジン 「次世代Wi-fi規格 Wi-fi6って何だ?」

5Gと関係があるのかなと思っていたらやはりそのようです。

最大1.6ギガまで高速化されます。

簡単にいうと、現在のWi-fiよりも、4倍高速で、わかりやすく言えば、8k動画をストリーミングすることができると考えたら良いですね。

それが安定的に実現できるのだそうです。

僕としては、これがとても期待大です。

まだ、5Gすら享受できてないのですが、ぜひ実現している姿を見たいですね。

カメラの進化

iPhoneは、進化のたびにカメラ機能をアップさせてきました。

今回のカメラの進化はどういうものなのでしょうか。

トリプルカメラ

トライアングルに並んだ三つのカメラです。

iPhone7で搭載されたディユアルカメラが、トリプルカメラになるのではないかと言われています。 なりました。

トリプルとなると、これまでの広角、望遠に比べて何が加わるのでしょうか?

それは「超広角」だと言われています。 それぞれ1200万画素です。

この三つは、スムーズに切り替えられるとのことです。

超広角といって思い出されるのは、そう、GoProですね。

あのような写真が撮れるようになるのでしょうか。

広角、望遠には、空間手ぶれ補正がつきます。

また、望遠レンズのf値は、2.0とのことで、かなり明るいですね。

11に望遠はなし

追記 なお、トリプルカメラは、11Pro と、11Pro Maxのみに搭載。11は、超広角と広角のみ。望遠はありません

Night Photo モード

対象だでも美しい写真が撮れるモードが搭載されました。

Deep Fusion

これは、三つのカメラで、9枚の写真を一度に撮り、あとからコア品質な一枚写真に合成する機能。

これは、秋頃に追加される模様。

ビデオモード 3つとも4k60fps

ビデオが進化。

三つのレンズ共に4k60fpsに対応です。

今回、QuickTakeという機能がつきました。

写真モードでシャッターボタン長押しで動画が撮れる機能です。

ビデオモードに切り替える必要がないんですね。

インスタの動画を思い出しました。

4カメラ同時撮影

インカメラ含めた4つのカメラで同時に撮影できるんだそうです。

Filmic Proというプロ用の動画撮影アプリで撮影できるように機能がアップグレードされるとのことです。

スマートフレーム

この機能については,触れらませんでした

結構おもしろい機能だとおもっていたのですが・

期待を込めて予測記事として残しておきます。

(以下,予測記事当時のもの)

------------------------------

超広角レンズを使って、自分の撮ろうとしている画角よりも広い範囲を撮っておき、あとから大事な部分がフレームアウトしている、というような時に、あとからフレームの調整ができる、という機能だそうです。

これ、結構あるんですよね。

写しているときは夢中で、被写体がフラームアウトしていることに気づかないことがあるんですよね。

あとから見て、がっかり。

でも、このスマートフレームで、「フレーミング」のしかた自体が変わるかもしれませんね。

------------------------------

以下、鋭意追記中です。

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

-ガジェットレビュー
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.