01 知的生活を支える生き方

常に何かが稼働している生き方

投稿日:

 僕は日ごろからあまりにもいろんなことに取り組んでいて、1つだけを頑張っている人に比べたら一向に深まりません。

 でもそれでもいいやと思っています。

 僕は飽きっぽいとので、何か1つだけしかしてなかったらやるときの波とやらないときの波の高低差が大きくなります。

 しかしたくさんいろんなことやってるが故にある1つのことが飽きても別のことをやってるわけです。

 常に何かが稼働しているという状況です。

 現在、10個位のことを楽しんでやってます。

  • Kindle本の著作
  • 5つのブログ執筆
  • 動画作成
  • めるまが執筆
  • ウォーキング
  • 書棚のメンテナンス
  • 20冊平行読書
  • 筋トレ
  • コーチングの勉強
  • バンドの練習
  • 油絵の個展開催

 やや、まだある。10個どころではなかった。

 こんなことを取り組んでいるのですが、現在稼働してるのはそのうちの5つほどです。

 そのような生き方をしています。

 イラストレーターになる、と言っているのだし、可処分時間を全部その修行に当てればいいのにと思うこともあります。

 国際プロコーチ認定コーチになる勉強をしているので、何をしていても、引き出す質問の訓練をすればいいのにとも思います。

 しかし、私の中にはそれだけに収まらないものがムクムクるのです。

 きっと、それらムクムクしているものを辞めずに大事にしていることは、進もうとしている道を、人とちょっとは違う色彩のものにしてくれるに違いありません。

 だから、色々やってていいや、と思っています。

 もう一つ理由があります。

 いくつものことを稼働していると、そのうちどれかに飽きてやらなくなってしまうことがあっても、逆に今やっていないものがまた頭をもたげてくるということがおこります。

 上にあげた10個以上のことが全てが進んでいなくても、常時何か5つ位のことが進んでいる感じです。

 今、Kindleで3冊目の本を書くことについては飽きてしまって小休止しているんですが、代わりに1年間棚上げにしていた「油画の個展を開く」ということや、3年間棚上げにしていた3Dモデリングによるキャラクター作りか頭をもたげて来ています。

 こうやって何かが棚上げされていても、常時何かが稼働していることによって、ゆっくりではあるけれども少しずつそれぞれぞれが底上げしてることを感じます。

 再開した全てのことが、以前棚上げする前よりもスキルアップしているのです。

 それかどうなっていくのか、何に結びついているのかという事は全く見通しはありませんが、実に楽しい人生です。

 私は、常に無理なく歩み続け少しずつ登っていくのです。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-01 知的生活を支える生き方
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2018 All Rights Reserved.