Bluetoothマイクで、iPhone動画撮影!~Movie Proを使うと可能に!~

2017年10月10日

※付加。2018-9-24現在,Filmic Proという高性能のムービーアプリでBlootoothマイクを使うための設定ができるようになっています。

☆  ☆  ☆  ☆

いくら探しても分からなかった、iPhoneのカメラを使った動画撮影で、音声入力をBluetoothマイクで行う方法。

以下の記事で悲報まであげましたが,

解決しました。

Movie Pro という動画撮影アプリを使えば、可能でした。

 

 

 

なぜ、iPhoneのマイクを使わず、Bluetoothマイクを使いたいの?

 2つ理由があります。

 1つは、Osmo Mobileを使った動画撮影では、外付けマイクが使えず、ワイヤレスマイクを使うしかないからです。

 もう1つは、iPhoneだけでYouTubeの投稿まで行いたいので、音声をiPhone内に録音しないといけないからです。

 

 順番に説明します

 

 最初に、そもそもなんでiPhone内蔵マイクを使わずに外部マイクを使わなければならないかということから。

 内蔵マイクでは、お散歩動画を撮るときiPhoneに向かってペラペラ喋るのが恥ずかしいからです。

 外部マイクなら、マイクに向かって呟くように小さな声で喋っても、しっかりiPhone内に録音できます。

 つまり、お散歩動画で喋る時の恥ずかしさ軽減だというのが理由です、

 

 それでは、1つ目から説明します。

Osmo Mobileだと、なぜ外付けマイクが使えないか?

 それは、外付けマイクのジャックを指すライトニングのジャックが、Osmo Mobileの仕様で塞がれてしまうからです。だから、ジャックに指すタイプの有線の外付けマイクは使えないのです。

 それで、BluetoothのマイクでiPhone内に録音したいのです。

iPhone内に録音する理由。

 確かに、外部マイク内に保存するタイプには、良質の音が取れるマイクがたくさんあります。

 そこで、音声はレコーダーで別録りし、PCに取り込んでpremiereで1つにするという方法をとるのがよい音で録るためには最良でしょう。

 しかし、私はiPhoneで撮影〜編集〜投稿を全部行いたいのでその方法は取れません。

 従ってiPhone内に録音しなければなりません。

 

 以上、2つの理由から、私がOsmo Mobileを使って、恥ずかしさを軽減しながらお散歩動画を撮るためには、Bluetoothマイクが必要なのです。

 説明終わり。

Bluetoothマイクを使うために、何が課題なのか?

 ところが,iPhoneのカメラは、Bluetoothマイクに対応してません。

 Bluetoothマイクを、iPhoneとペアリングして、マイクの動作もボイスレコーターアプリでちゃんと録れていることを確認した上で、カメラを起動して録画して見ましたが、マイクからは録れません。

 iPhoneの内蔵マイクしか働かないのです。

 

 Osmo Mobileの純正動画撮影アプリ、DJI Go でもだめ。

 高機能のFilmic Proでもだめでした。Filmic Proは、iPhoneのどのマイクを使うかまで設定できるのに、Bluetoothマイクの設定がないのが残念

 

 さまざまなカメラアプリを試しましたが、すべてだめ。

 ここで一度断念しました。

Movie ProならBluetoothマイクの設定が可能だった

 それでもあきらめきれず,何か方法があるのではないかと思って夕食しながら頭をはたらかせているとき,

 もしかしたらAirPodsならアップル純正だからできるかも、と思って調べたら、次の記事で明確に否定されてました。

【ガジェット】AirPodsは動画の撮影時にマイクとして使えるか?

 ところが、気になる追記が。

 アプリを使えばできるとあります。

 そこにあったのがMovie Proでした。

 720円と高額ながらすぐにその場で購入。

 

 設定を見て見ると、なんと夢にまで見たBluetoothマイクの設定項目が。

起動画面 下の列の設定ボタンを押すと,下図の設定画面が表示

明確に「Bluetooth-Mic」とあります。

 早速Q12を使って録画して見ました。

 Q12とは,以前紹介した,マイク付きBluetoothイヤホンです。

 (人気らしいので買いました。3000円そこそこで,すごく音がいいと評判です。僕は,まだイヤホンとしては使ってないので,音の良さについてはよくわかりません。)

 iPhoneの内部マイクが働いていたらいけないので、別の部屋まで行ってそこでしゃべって見ました。

 すると,綺麗に、あたかもiPhoneの目の前で喋ったかのように録音されたいるではないですか!

 これで私は人混みでも小声でつぶやきながらお散歩動画を撮ることができるようになったのでした。

Osmo Mobileでも問題なくつかえる!

 Osmo MobileにiPhoneを装着し、電源を入れた時点でジンバルは働きます。

 でも、Osmo Mobile純正の動画アプリDJI Go はBluetoothマイクが使えないので、起動するのはMovie Pro。

 DJI Go でなくとも、ジンバルは問題なく動くのです。

 

 しかし、残念なことに、手元のスイッチからの動画撮影のオンオフはできません。画面の録画ボタンをポチり倒す必要があります。

 でも、それで十分。

 お散歩動画を撮るだけならアプリを問いません。

 来週のジンバル・ウォークは、いよいよマイクでつぶやきながら歩きます。

 

 

 

終わりに

 なんとか解決しました。

 しかし、一番いいのは、DJI Go アプリがBluetooth対応してくれたらいいのです。こうして他のアプリでできふのだから。

 DJIさん、Osmo Mobileで外部マイクが使えない問題で困ってる人がなんなんもあるの知ってるでしょ?

 DJI Go をBluetoothマイク可能にしてください。

 それで全部解決です。

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


ポケットモバイルCloudは本当に無制限で最安値のCloudWi-Fiなのか


Cひかり 遅くならない安定のネット回線

-09 Youtuberになる
-,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2020 All Rights Reserved.