02 アプリたち 02 読書のカタチ 02 読書の時間を作り出す

【チリツモ読書】数分の時間をかき集めて、3日間で90分もの読書時間をつくった

更新日:

今週のチリツモ読書

6月3日 火曜 21分
6月4日 水曜 44分
6月5日 木曜 26分

ということになっていました。3日間の計でなんと91分!およそ1時間半読めたことになります。

これは、実を言うとPCの立ち上げの時間、風呂に入っている時間、食事の待ち時間など、読書にかけたこまぎれの時間をかき集めたものです。一つ一つの時間は7分とか、11分とか、そのような時間の寄せ集めです。それが3日で1時間半にもなるのです。チリツモというのはすごい力を持っているなと改めて感じています。

これら細切れの時間は、無為に過ごしたり、ぼーっとしていたり、テレビを見たりで、知らない間にきえてなくなってしまうはずの時間です。それを、ちょっと意識するだけで3日で90分ほどの時間をかき集めることができるんです。

今後もチリツモ読書を続けます。

使ったアプリ iライフログ

今週は、ライフログの取得を読書のみにしぼって行いました。

使ったアプリは「iライフログ」

これは、予め決めておいたカテゴリーのアイコンをつっつくだけでそのアイコンに設定したカテゴリーのログがとれます。

20140606-233728.jpg

上のように自分で設定したカテゴリーのアイコンをタップするだけです。アイコンは沢山のデザインから選べますし、色も自由に作れます。

20140606-233741.jpg

私はこの中に「読書」というカテゴリーをつくっているので、読書を始めるたびにそのアイコンをタップします。

終わったら他のアイコンを押すと自動的に終わりの時間が確定し次のカテゴリーのログが始まりますが、今回は読書のカテゴリーのログだけを取るので、終わるときにはもう一度「読書」のアイコンを押し、「保存」します。

 

すると、自動的にEvernote上に「◯月◯日のログ」という名前のノートがつくられ、そこにどんどんログが記録されていきます。

下の図は、Evernoteに送信されていた読書に関するログです。

一つ一つの読書時間にはメモが書いてありますが、保存する時に書いたメモに後からEvernote上で再開できます。

ilifelog

アイコンを押すだけで、カテゴリーにかけた時間を計測できるとともに、Evernoteにそのログが蓄積されていく。これがとても便利です。

Evernoteにログを残したいなら、文句なしにiライフログをおすすめします。

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち, 02 読書のカタチ, 02 読書の時間を作り出す
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.