「できるものは実行する。できないものが教える」バーナード・ショー TextGraphy

西日本新聞に連載されている、チューリップの財津和夫さんのエッセイを楽しく読んでいる。

12月2日の分にこの言葉があった。

lyustyle

できる者は実行する。

できない者が教える。

バーナード・ショー

うわあ。なかなか辛辣だなあ。

私達教師は教えるのが仕事だけど,「できない者」なのかなあ。

 

いやいや,教えることを生業としている者であるから,できようができまいが,教える。

これは,そういう生業の話なのではなく,心根の話なのだ。

 

できる能力を持っているのなら,自分でさっさとやればいい。

自分でできない者が,自分はできないくせに訳知り顔にあれこれ指図する。

そういう絵を好ましくないと思っての言葉なんだろう。

 

しかし,このことは特別のことじゃない。

「教える」という立場にあるものは,そのような陥穽に陥りやすいんだ。

自分はやりもしないで,できもしないで,「これはこうすべきである」などと言い始めるのだ。

「正しく教え,導かねばならない」という理由のもとに,自分のことは棚に上げて,それでよしとしてしまう。

そして,バーナード・ショウの言葉通りになってしまう。

 

すべての「教える」という立場にあるものは,心しておかないといけないんだろう。

僕は,「教えるもの」である前に「学ぶもの」でありたい。

一生「また何か始めた」で生き通したい。

lala

また何か始めた!

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

-知的迷走日記
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2020 All Rights Reserved.