100円「モレスキン」の威力~4ヶ月使ってみて

投稿日:

以前,次のような記事を書きました。

ダイソーのモレスキンについては,昨年の秋に記事にしていました。

このときに買っておいたダイソーの100円モレスキンを,6月頃使い始めたのですが,それが一番上のリンク

ダイソーのモレスキン「ダイスキン」の費用対効果

の記事なんです。

6月頃から10月まで4ヶ月使ってきました。

その結果,モレスキンにも勝るとも劣らないすばらしい手帳であることがわかりました。

100円モレスキン「ダイスキン」が素晴らしい手帳である理由

堅牢性が高い

先程撮ったダイスキンの表紙です。

毎日バッグに入れて持ち歩き,時には,ジーンズのお尻のポケットに入れて頻繁に出し入れし続けてきたダイスキンです。

いかがでしょうか。

まったく劣化が見られません。 

角の折り目など,めくれやほつれもありません。

毎日,かなり酷使した手帳です。

へりもきっぱりと一直線

ゆがみやおれまがりがまったくないんです。

これはどうしたことでしょうか。

これが100円ですよ。

モレスキン2000円に対して,ダイスキン100円です。

その値段で,この堅牢性です。

目に優しく書いていて楽しい

紙は薄いクリーム色。

罫線は,薄いグレーです。

私としては罫線はないほうがいいんですが,これくらいならなんとか許せます。

下のはモレスキンです。色合いはとても似ています。

端っこまで罫線があるので,少し息苦しい。

罫線の入り方は,ぼくはダイスキンのように余白が少しある方が気が楽です。

費用対効果が異常に高い

4ヶ月間 毎日持ち歩いて,それでこの堅牢性だとすれば,これはもう使うしかないじゃないですか。

100円で4ヶ月間酷使して,さらにまだ大丈夫な手帳です。

そして,モレスキンとかわらない,紙や罫線の色。

罫線の入り方はむしろダイスキンのほうが好み。

 

となると,これはもう,100モレスキンのほうが費用対効果がものすごく高いじゃないですか。

今後モレスキンを使うのか?

私は,もう1冊100円モレスキンを持っています。

これです。

下の記事で紹介しています。

今の赤いダイスキンをもう少しで使い終えます。

その後は,このブルーの手帳を使うでしょう。

その後も使い続けられるように,私はダイソーに行くたびに買いためていこうと思います。

 

だがしかし。

私はモレスキンも使います

それは,私は「持ち歩きに役に立つ便利な手帳」ではなく,「ヘミングウェイもこよなく愛した由緒あるモレスキンを私も持ちたい」という「意味」「ストーリー」にも魅力を感じているからです。

「ニュータイプの時代」に書かれていたこと、ふなわち、燃費がものすごく悪くて,人を載せて移動するという役割の便利さにおいていくらでも他に安くて便利な車があるのに,「あえてランボルギーニを所有する」という意味を売っているイタリア車と同じようなものです。

いくら安くて堅牢で書きやすくても,「モレスキンを持つ」という価値はやはり魅力なんですね。

世の中,安くて便利で役に立てばそれでいいかというと,なかなかそういうわけにはいきません。

 

「役に立つ」ではなく「意味がある」を買いたい。

「ニュータイプの時代」に描かれていることそのままです。

よければこの記事を御覧ください。

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

-百均手帳
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.