02 アプリたち 02 読書のカタチ

Kindleでハイライトした部分を「共有する」のはもったいない

更新日:

Source: amazon.com via Kimberly on Pinterest

 

Kindle本をどんどん買ってます。

 日本でのKindle本サービスが始まってから何冊も本を買いました。

 iPadでもiPhoneでもAndroidでも、どのデバイスでも続きから読むことができるので重宝しています。

 バス待ちで読んだり、バス内で読んだり、人を待ちながら読んだり、寝がけにふとんの中で読んだり、その時その時に読みやすいデバイスで本を開くと、前にどのデバイスで読んでいても同期して続きを開いてくれるというのはとてもうれしい経験。

 iPadminiを買ったことだし、さらにKindle読書が増えていくことと思います。

 

Kindleの「共有」機能

 さて、Kindleには、「共有」という機能があります。

 気に入った文言があったら、それを長押ししてハイライトしたら「共有」のコマンドが現れます。

 ここから、ハイライトした部分をFacebookにもTwitterにも送ることができます。

 この機能を使って、Twitterの非公開アカウントにTweetしたら、いつのまにか読書記録ができていきます。

 そのように使っている方も多いのではないかと思います。

 とても便利です。

なぜ共有するのがもったいない?

 そして、このエントリーのタイトルですが、私はそのことを「もったいない」と書いています。

 いったい何がもったいないのでしょう。

 

 そうです。自分のアカウントに送って、それでいつの間にか読書記録ができていくので安心してしまい、いつのまにやら忘れてしまうことです。

 

 私はあえてこの「共有」という機能を使っていません。

 

 ハイライトすると、Kindleはその部分をしおりのように集めておいてくれます。私はあとからそれを「転記」するのです。

 読書記録ができる、というゴールは同じなのですが、わざわざ「転記」という一手間をかけるのです。

 

 わたしはこのブログで何度も「転記」の大事さを訴えてきました。

 手間を惜しまずに転記をすることで、それが自分の記憶に残っていくのだと思っています。

 

 ということで、

Kindleでハイライトした部分を「共有」するのはもったいない。

 








メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち, 02 読書のカタチ
-, , , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.