記事内に広告を含む場合があります。

Kindle本を毎月出版するための考え方と方法~ブログ出版

03-Kindle出版部

Kindle本を毎月一冊出すと言うことを考えるようになりました。

知り合いが5ヶ月毎月1冊ずつ出していたということがわかって衝撃を受けた事と、Kindle本を70冊も出したと言う人に出会い、その方が毎月1冊出してきたと聞いたことが1度に起きたからです。

その人は月に10万円稼いでいると言う事だけど、月10万円をKindle本で稼ぐとなると確かにそれぐらいは書かないといけないと思います。

スポンサーリンク

 

Kindle本月一冊なんて書けるのか

僕の場合は「50歳からのブログ運営戦略」一冊だけで月1万円稼いでいるような状況で、他の本はあんまり稼いでくれてない。

しかし70冊も書いていたら、それら一つ一つは毎月1000円位しか稼げなかったとしても全部合わせれば70,000円を稼げているという計算です。

とはいえ、月一冊書くということはそんなに簡単なことではありません。

誰に届けるために何を書くかを考えて

  • 本の構成を練り
  • 実際に文章を書き
  • 何度も構成し
  • 表紙を依頼するなり自分でデザインするなどして
  • 出版の事務手続きをする

これを毎月やらなければならないんです。

文字を書くことは慣れてくると月1万字~3万字程度ならそんなに大変な思いをせずともかけます。

1日1000文字くらいなら造作もありません。実際、この文章は2700文字くらいですが、風呂の中でiPhoneでポチポチやって書きました。2週間で3万文字程度は書ける計算です。

しかし、むずかしいのは、ネタ探しです。何を書くのかということは慣れないとなかなか難しいです。

そんなに毎月一冊書けるほどのアイデアは出てきません。
アイデアさえ出れば、書けるのに。

 

Kindle出版で本をだすということの考え方を少し変えよう

これは、Kindle本というものを、なにか立派な体的な生産物と考えすぎているからです。立派な本を書こうとするあまり、自分でハードルを上げてしまって、「こんなのはだめだ」「こんなのは本とはいえない」などと芽をどんどん摘んでしまうんです。

ところが世にあるKindle本には、「あ、これ役に立ったな。なかなかいい本だ」と思う本がよくあります。
大したことは書かれていません。「◯◯の使い方」のようなブログの延長のようなものです。

Kindle本を書くと言うと、立派な本を書こうとして肩が張ってしまうけれども、ブログのちょっと大きいようなものだとして捉えるならば、あまり知的に優れたものを書かなければならないと肩をはる考えから離れた方が幸せになれるようです。

実際、読んでみたら1万文字もなかったというようなものがたくさんあります。ブログのちょっと長いのを読んでお腹一杯になるようなものです。

実際月一冊出してますという人たちが出してる本と言うのは8000字ぐらいしかなかったし、昨日読んだ本は5000文字ちょっとぐらいしかなかったですね。。ページにして30ページぐらいしかないような本でした。

先程もいいましたが、こういう本は、何か知的に優れている本でもなんでもなく,「何らかの分野で役に立つ方法」が書かれているだけです。
新しいものの見方や考え方を知ってわくわくしながら読み通せるというような本ではありません。

しかし、役に立つんです。知的であろうがなかろうが、僕は役に立って嬉しかった。
素人はそこから始めればいいんです。素人が知的に優れた読みがいのある本を書こうとするから書けないのです。

Kindle出版をお金を稼ぐための「副業」と割り切り,何か人の役に立ちそうなことを見つけてきて本にすればお金を稼げる。そう考えて量産した方が,その中から数冊くらいは知的な本を書く事ができる可能性は高まります。

数稽古をしているうちに、お金をいただきながら上手くなり、いつの間にか良い本が出せるようになるということです。そう考えた方が幸せになれそうです。

 

Kindle本を月に一冊くらい、軽く出版する方法

そう考えると月に一冊出すくらいはそう難しいことではありません。

例えば,これまでにブログ記事に、少し事例などを増やして文字数を増やせば簡単に本になります。

電子書籍は1万文字程度が最もよ読まれやすいと言われています。普通の記事が2000文字程度なら,さらに4記事分くらい書き足せば一度で読み通せる本が出来上がります。

 

逆に言えば、ブログの記事は、それを将来Kindle本にするのだと言うつもりで書いたら良いとも言えます。この場合、ブログの記事はKindle本の種となるわけですね。

ブログの記事で稼ぐためには、

ネタを見つけ、上位表示されるキーワードを選定し、ライバルチェックをし、見出しの構成を参考にしながら書いていきます。

しかし時間をかけてそれらの事をした割には一銭も稼げない記事はいくらでも出てきます。

ブログで稼ぐことにこだわりすぎていると、何かよい考えが生まれても、

「これ、ただの考え方に過ぎないし、検索にかかるようなタイトルにもできないなあ」
と考えてしまい、
「ブログの記事に慕って稼げないからやめとこう」
というように考えてしまって,記事を書くのを辞めてしまうことが多いです。

 

しかし、あとでKindle本にしようと考えて書くと、
この考え、アドセンスでは全く稼げないと思うけど、ブログの記事にしておいたら後からそれを増やして本にできるからいいや
と考えて、アドセンスで稼げないけどよい内容というものをどんどん書いていく気持ちになれます。

実際、僕がこれまで書いてきた記事の中には、良い内容なのに全く検索順位が上がらないものがいくつもあります。

このブログにも、内容はいいと思うのに月間検索数ゼロというような記事がいくつもあります。
何度もテコ入れし、内容を増やして充実させてきたけど、順位があがりません。ライバルが多すぎるわけです。

そんな記事はブログの記事のままでは死蔵されてしまいます。

 

しかし、それを本にしてみたらどうか。
自分の経験や考え方をさらに加えて一万文字程度に増やし、本という体裁に変えて世に出せば、それは立派な本となり、記事では届かなかった人に届くようになります。

これは、ブログで稼げなかった記事がKindle本として生まれ変わることで稼いでくれるようになるということでもあります。

これまでは人に届かなかった考え方が,Kindle本として人に届き,役に立つ事ができるようになる。
読者は、あらたな知見を知ることができて嬉しい。
私もその代価としてのお金を稼げて嬉しい。

三方よし

これまでたくさんの記事を書いてきたけど、沈んだまま死蔵されてしまっている。
それらを読に出してやりたい。

この方法だと毎月一冊くらいはかけます。

僕はこのやり方で、毎月一冊のKindle本を出してみようかと思います。

 

お気づきかもしれませんが、この記事、ブログで読まれることを想定していません。検索需要があまりないと思うからです。「Kindle本を毎月一冊出すための考え方と方法」なんて検索する人はそんなにいないでしょう。

つまりそういうことです。

僕はこの記事を、将来本にするつもりで書いているのです。

スポンサーリンク

 

毎月一冊出版する実例

10月 Midjourneyでつくる挿絵イラストの作り方

2023年10月10日、ブログに記事を書き始めました。

この時点で,すでに4000文字ほど書いていたものをそのまま貼り付けました。

11日から毎朝2000文字程度ずつ書き進め,10月14日(土)に完成しました。
文字数は12000字ほど。
Wordにコピーして「おわりに」と奥付け,私の著書一覧などを書き足し,15000字ほどになりました。
Kindle本としては十分な文字数です。
すでにできていた4000字を二日分と換算すると,10月9日〜14日の6日で原稿を書き上げたことになります。
15000文字くらい書くなら1日でも書けます。実際,noteの定期購読マガジンを連載していた頃は,一晩です25000字書いたこともあります。

しかし,Kindle本の原稿として15000文字書く場合、1ヶ月くらいはかかります。それは、やはり,本を書くのだという気持ちが強くて構えてしまい、なかなか筆が進まないからです。

今回の本の原稿もで、すでにできていた4000字は、そこまで書くのにすでに1週間かかっていました。
プログのエディターに貼り付けた後,グイグイとかけるようになったのです。
本を書くという構が全くなくなり,リミッターが外されたからのような気がします。
ワードの原稿が出来上がったので校正作業に入りました。その後表紙を作り,10月20日には出版予定です。

校正しているうちにもう少し丁寧に説明した方がいいというところがあったため、結局2見出し文ほど追記し、最終的に19,000字となりました。

10月20日、Kindle本として出版されました。毎月1冊出版 1冊目完了しました。

  

11月 PowerPointの図形機能だけでイラストを描いて収益を得る方法

1冊目のMidjourney本の構成中、すでに2冊めの原稿を連載していました。

PowerPointの図形機能だけでイラストを描いて収益を得る方法

1冊目の原稿はできているので、あとは校正だけです。

普通なら、Wordの原稿が完全に仕上がり、表紙を作ってから出版するまで次の本にはとりかからないでしょう。

しかし、原稿をブログの連載として執筆していると、校正作業と並行して新しい本の執筆ができるんです。

1冊目が出版された10月20日(金)には、すでにこの記事も完了。12,000文字程度になっていました。

来週は、2冊めのこの本の校正に入りますが、同時に3冊目の執筆も始めます。

このサイクルができてくると、なんと毎月一冊どころか、毎週1冊のKindle本を出すことも可能です。

しかし、粗製乱造になってしまってはいけないので、しっかりと質を保ちながら、書いていきたいと思います。

表紙ができました

11月に入り,校正も終了。表紙作りに入りました。

こんな感じで進めていますが、さらに変わりそうです。

 11月21日、表紙を一応の完成しました。これで行きたいと思います

11月21日14時以降に出版ボタンを押し、販売が始まった時点ですぐに無料キャンペーンを打ちます。

11月22日17時から無料キャンペーンにする予定です。

出版しました

11月21日、付き一冊出版計画2冊め、無事出版できました。

無料キャンペーンの購入数は、112冊でした。

 

 

12月 「自分プロジェクトを作れ」

この本は,YouTubeチャンネル「シニアアップデート」に投稿した動画の内容を、改めて文字起こしし、肉付けをして作ったものです。

最初はSIRIに話しかけて9,000文字ほどのテキストをつくりました。
音声をテキスト変換したものですから誤変換があります。また、言い間違いや言い回しの可笑しさなどもあります。

これをchatGPTで治し,テキストとして整えたものを作りました。

そして,そのテキストをVrewでAIに読み上げさせました。Vrewは、テキストを元に、動画とテロップを自動で作ってくれる優れものです。テキストさえ作れば動画が一本作れてしまいます。

こうして,この動画ができました。

 

こうして、もともと動画のために作ったものですが,テキストがあるので,今度はそれをそのまま本にしようと試みました。

前作が完成した次の週、10月25日から開始。ブログにテキストを流し込みました。

すでにテキストがありますが、Kindle本として読んでわかりやすくなるように整えていき、5日間ほどで完成。

さらに、「5 プロジェクトを遂行するためのシステム」「6 自分プロジェクトを遂行するためのアイテム」の2章を本のために書き加えました。

図入りの具体事例です。やはりこれがないと本としての説得力がたりないと感じました。

見出しを追加。1300文字文字追記して6,400文字になりました。 しかし,次々に書くことが増えてきてます。 10,000字には収まらない勢い。これはじっくりやらねば。

この2章の追記にさらに1週間かけ、最終的に27,000文字の原稿ができました。

ブログの記事としてはかなり長いものになりましたが、本にするためなのでこれでOKです。

この原稿をWordに移して、「はじめに」「おわりに」を書くと、3万字越えのKindle本になります。

テキストをブログに流し込んだ時点では5000文字くらいだったので、当初10,000文字そこそこの本をめざしていました。

最終的にそれよりもおおくなりましたが、内容的にはそれくらい必要だったと思います。

それでも、SIRIに話しかけてテキストを作った日から、都合2週間で原稿ができてしまいました。

 

Wordに移して原稿化

12月出版予定のこの本の原稿は、ブログの記事としてすで完成しています。そこで少しゆっくりかまえて12月に入ってからWordに移しました。

あとは「はじめに」と「おわりに」を書くだけです。

ところが、Kindleの原稿という視点で読んでみると、構成がわかりにくいことがわかりました。また、言葉だけで説明しているところが散見され、具体的な図や写真が必要だということがわかりました。

これは大変です。12月22日を出版予定にしていますので、その前の週15日には原稿が完成していなければなりません。

あと1週間ほどしかない状態です。現在、必死になって図版を挿入しているところです。バレットジャーナルで、あるプロジェクトをどのように進めたのかの具体例として、ノートの写真をそのまま掲載するのです。

まだかなりかかりそう。

この本、すでに27,500字ほどあるのですが、まだまだ増えそうです。35,000字の本になりそうですね。

ブログの時点で15,000文字で書いていても、実際にWordで原稿化する時に1万文字くらいは増えます。

なので、ブログの記事として書くときには15,000文字あたりでよいようです。

 

予定通り出版できました

結局具体事例の加筆が多くなり、最終的に46,000字、200ページ超えのボリュームとなりました。

名前は「鬼実行力」としました。

最初につけていた「自分プロジェクトを作れ」では、検索されにくいかもと思い、サブタイトルの方に入れました。

46,000字の本を毎月出すのはなかなか難しいですが、最初にブログで27,000字まで書いており、一応完成までもっていっていたのでそこから先の構成変更や追記はさほど大変ではありません。

次は1月本にとりかかります。

1月原稿はすでにブログで完成しており、12月本出版後にすでにWordに移し、編集作業に入っているところです。

また、並行して2月記事をブログで連載中です。

 

 

1月 シニアから始めるほっこりVlogのすすめ

2023年11月8日のこと。

これは、ただYouTubeに投稿した動画を紹介するだけの記事のつもりで書き始めたのですが、いつのまにかシニアに向けてこれから10年間動画投稿しよう!というようなことを言い始めていました。

気づいたら2700文字も書いてましたし、その後見出しを4つも作ってしばらく追記することになりました。

きっと20,000文字くらいにはなりそうですので、これも本になるのでしょう。

11月20日に完成し,文字数は8,000文字となりました。

実はまだまだ追記したいことがありますが,キリがないので一旦完成としました。こちらは1月出版を目指しています。

12月23日に、Wordに移しました

12月出版の「鬼実行力」の出版が終わった翌日、Wordに移し、1月出版に向けて編集作業に入りました。

今回は、8000文字というライトな本になりますが、始めに、おわりにを書いていると1万字になりますので、これ以上増やさずにさっさと出版するつもりです。

1月25日 32,000文字の本として出版

ブログの記事をWordに移したのが12月23日。

ちょうど1ヶ月校正を行い、1月25日に出版しました。

 1万文字に見たないライトな本になるはずでしたが、

🍏60歳以上の方々の動画チャンネルをいくつか紹介したほうがわかりやすいだろうとか

🍏私自身がどのような機材を持っているのかを示すと、興味関心が深まるだろうとか

🍏Vlogに慣れた後、どのように10年間それを続けていったらいいのかとか

そのようなことを付け足しているうちに、まさかの32,000文字に肥大化。

それなりに読み応えのある分量に育っていました。

 

おまけに、出版の最終段階、KDPで本の情報を入力する時になって、タイトルと変えるという、これまでしたことがなかった経験をしました。

「ほっこりVlog」を、「10年Vlog」に変えたのです。「10年ブログ」の構築を進めてきた私ですので、10年Vlogにしたほうがその読者たちにも響くかなと思ったのです。

シニア・アップデートという同じくくりの中での解説本なので、10年Vlogに変えた方が適切だと思いました。

いや~。タイトルだけでなく、本文中の文章も変える必要があったので、出版というその時になってまるまる全文を見直す必要が出てしまいました。

 

「書き上げた!」という区切りまではあっという間で、実際そのまま出してもよかった内容ですが、Wordでの編集と校正という段階でじわじわと増えていき、最終的には一般的な電子書籍と変わらないボリュームになっていく。

ブログで本を書くというのは、始めやすいやりかただなと本当に思います。

スポンサーリンク

 

2月出版 「人生を前に進めるノート術~ライフコーチが実践するバレットジャーナル活用術」

2023年12月頃はバレットジャーナルについての記事を書いていました。

書き上げるのに1年以上かかった本

これは、もともと2022年頃からなんどか書こうと思って構成を考えてきましたが、なかなか形にならなかったものです。

下のツイートは、2023年の2月のもの。

「「映えないバレットジャーナルの作り方〜プロコーチが伝える、人生を前に進めるノート術」を書いてもいいでしょう。」とあります。およそ1年前に本にする決意をしています。

 

その後、何度か構成を練り直したけど、なかなか形になりませんでした。

下記のツイートは、それから7ヶ月もたった9月のものです。タイトルが微妙に変わりました。「人生を前に進めるノート術」の方が先にきています。「バレットジャーナル」で勝負するよりも、ノート術で勝負しようと思ったのでした。

「おはようございます! 今、8冊目のKindle本を書き進めています。 「人生を前に進めるノート術〜ライフコーチが実践する『映えない』バレットジャーナル」 という本です。 興味ありますか? リプやイイネで教えて下さると安心して書き進められるので嬉しいです。」

 

それでもうまく進められなかったのです。

しかし、毎月一冊出版の「ブログ出版」で出そうと思った途端、筆が動き始めました。

「ブログ出版」の考え方で、記事として書き始め、毎日追記していくことを繰り返すことで、どんどん進んでいったのでした。

そして1月12日にブログ記事完成。

発想から完成まで1年以上もかかった本となりました。

 

記事をWordに移して原稿化

そして、1月本絶賛構成中の1月13日、Wordに写しました。

記事執筆完了時で、すでに29,000字越えています。

電子書籍として十分なボリュームです。

しかし、おそらく事例がたりないと考えるはずで、もしかしたら4万字超える本になりそうな気がしています。

出版しました!

2月22日、出版しました。

結果的に40000字超えの180ページの本となりました。

 

3月出版 

どれを出版しようか迷う

3月出版のは3月28日を予定しています。

しかし、2024年3月5日の時点で、どの本を出版するのか決めきれていません。

候補は3冊あり、すべて原稿はできています。

1つは、「50歳からのブログ運営戦略3 AI編」です。

2つ目は「50歳になったらNotionを始めよう」です。

3つ目は「ゼロ秒思考2年8ヶ月の変化」です。

どれも2万字超えの原稿ができていて、Wordにも移しています。もともと、Notion本を3月、ブログ運営戦略3を4月に、と考えていました。

しかしそのどちらももう少し寝かせて熟すのを待ちたいという気持ちが生まれ、間に「ゼロ秒思考」を入れ込んだのです。

現在はゼロ秒思考の記事をブログからWordに移して編集中です。

しかし、かなり大改造しないといけないことがわかり、このまま3月にだしていいものか、それとも当初の予定通りNotion本を出すべきかで迷っているのです。

9日(日)まで編集を続けながら、答えを出したいと思います。

出版しました

その後、「ゼロ秒思考2年8ヶ月の変化」に照準を定め、Wordに移して校正

3月29日に出版できました。

これは、ゼロ秒思考メモ書きを初めてから1週間目、1ヶ月目、1年目、2年8ヶ月目の時点でブログに記録していたレビューをまとめたものです。

ブログから1冊本を書く典型的な実例です。

ブログに記事を書きためているとこういうこともできるということですね。

 

今回は予約出版にも挑戦。

25日に完成原稿を提出して予約出版のボタンを押しました。

4日ほど必要だったらしく、当初予定していた28日に出版開始するには、4日前の3月24日に現行を提出しなければならなかったことを知りました。

出版を予約することで、2時間ほどしたら販売ページができていて、予約注文することができるようになっていました。

すぐにエックスとnoteで告知。お知り合いの方が注文してくれました。

 

いつもは出版開始とともに無料キャンペーンをするのですが、今回は予約注文でお金を頂いているので直後に無料にすることはできません。

なので、予約特別価格99円で販売し、その後出版記念価格120円にあげて、しばらくしてから正価に戻すようにしました。

いろいろと学びがあります。

 

4月出版

お願い。この記事が良かったと思ったら、下の画像をあなたのPinterestのコレクションに加えていただけると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました