データ,データというけれど

昨日,データに「萌えて」ましたというような記事を書いたんだけど,データといえば,以前@ruu_emboさんと以前話していたとき,こんなことをつぶやいてました。

で,それぞれをもう少し詳しく見てみた。

参照するためのデータ

これはもう,いわずと知れた,いわゆる「データ」。

「データ」と同じくらい心をぐっとつかんでいた言葉である「情報」。

Evernoteやシステム手帳に,あとから必ず参照されることを前提に保存したもの。

仕事上必要な手順,法規,規定とか,よく使う電話番号とかそういったもの。

後から参照されることを前提にしているので,参照するときの「浮き」としてのタグやカテゴリなどの属性をつけやすい。

検索開始から10秒以内に見つけられるように日々メンテナンスされている。

私のEvernoteの中の一角に正統的なデータベースを形作っている。

evernote データベース | 知的生活ネットワーク

 

 

 

参照されるかどうかわからないけど保存してみたデータ

Evernoteに入っているデータは,もうこれがほとんど。

サイトを見ていて,「お」と思ったらすぐにEvernoteにページごとおくっちゃうし,人に紹介したいおいしい料理を食べた時はFastEverSnapで撮影してEvernoteに送っちゃうし。

それらは,後から検索されるのかどうかすらわからないが,「この料理だよ!」って人に見せる時には参照されるデータであるわけだから,一応データベースに放り込んである。

でも,この手のデータは,ほぼ後から検索したことがない。Evernoteを使い始めて6年になるけれども。

いわゆるライフログとしてあとからぱらぱらと見返すことはある。

そんなデータ。

 

参照するほどのものではない,アイデアっぽいもの

「ひらめいたアイデアを逃さない!」

「忘れないようにすばやくキャッチ!」みたいな宣伝文句につられて,道を歩いていたり,電車にゆられていたりするときぼんやり頭に浮かんだものを「すばやくキャッチ」してきたが,これが後々すごい生産の種になった,というようなことはほぼない。

でも,あとからぱらぱらとめくってみると「なんだか妙なものキャッチしてるなあ」と自嘲的に笑える種になっておもしろい。

そのときはきっと,「かっこいい!あとから何かにつかうぞ!」と思ってキャッチしていたのだ。

 

「超」データベース Evernote

こうしていて思ったのだが,2番目3番目を同居させることができるのが,Evernoteの「超」データベースなところ。

とにかくいれておけば,なんらかの形で引っかかってくる。

それがおもしろい。

そのうち,何らかの生産の種になるといいなと思いながら蓄積しているが,でもそんな日は簡単にはやってこないだろう。

システム手帳をいじりまわしていたころのように,Evernoteを毎日いじりまわしていて,ようやくそんな生産の種になるようなデータがひっかかってくるのにちがいない。

過去にはそんなことをやっていた形跡がある。

すきま時間に、evernote | 知的生活ネットワーク

個人データベースの蓄積は1995年でやめたのだが,いつのまにやらまた再開していたことが面白い。それに6年間気づかなかったことも面白い。

私は,やめたはずの個人データベースの蓄積をいつのまにかまた始めていたのだった。

そういえば,6年前は風呂の中に防水ケースに入れたiPhoneを持って入って,お風呂タイムにEvernoteのタグつけをやりながら埋もれていくデータに浮をつける作業をしながら過去に蓄積したデータに再会していたんだったっけ。

また始めて見るか・・・

 

 

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly