瞑想 絵を描く

一生の趣味 3DCG

更新日:

ああ、とてもありがたい。

Lifehack Focus vol.11 – プロフェッショナルとGoogle新サービス | Hacks for Creative Life! - ライフハックで明日をちょっぴりクリエイティブに -

こうやって、時折ほめていただけると、とてもうれしいです。

感謝の気持ちでいっぱい。

 

 

僕には、音楽という一生楽しめる趣味があり、仲間がいるのですが、実は、もうひとつ3Dによる作品作りという趣味があります。

3DCGとは

こんな感じの絵をつくります。

pot

まさか筆で描いたわけでもなければ、当然写真でもありません。

よくテレビなどで使われていますね。いわゆるCGです。

3Dモデリングをするためのソフトで祖型を作って、ものの質感や光の様子、反射のしかたなどを設定して、計算させるのです。

Lightwave3D

上の絵は、まずLightwave3Dという少々お高い3Dソフトウェアでモデリングをしました。

modeling

ポットの横の形を描き、立ての軸を中心にぐるっと回転体にして本体をつくります。ここまで1分かからず。

そのあと、取っ手とそそぎ口をつくります。それぞれ、楕円の形をしたポリゴンを、取っ手やそそぎ口の形を描いた曲線に沿わせて押し出して立体にします。

こうして、このモデリングは5分ほどで完了です。

このモデルに、質感の設定をするわけですが、今回はKeyshotという写真のような画像が得られるソフトを使います。

そのために、まずZbrushという、これも少々お高い粘土で造形するようにしてものをつくることができるソフトに読み込みます。Keyshotは20万円くらいするレンダリング(光の当たり方などを計算して画像にするソフト)ソフトなのですが、僕はZbrushを経由するZbrush専用版(専用版だとぐっとお安くなります)を買いましたので一度Zbrushに持ってくる必要があるのです。

それがこれ。

Zbrush

zbrush

まさに粘土のように見えますね。このソフトは、ヘラなどで引っかいたりもりあげたり、彫ったりして形を作り上げていくソフトです。ちなみに、真ん中にいたずら書きをしていますが、こういうようにして精密な模様をつけていくこともできます。

さて、これをKeyshotにもっていって、金属の質感を与えてレンダリング(計算)したのが一番上の画像です。

ほんものそっくり。

これで何になるのか、といわれたら、そうだなあ・・・何かにつかうわけでもないし・・・ブログの挿絵くらいにはなるかなあ・・という話なんですが、これが没頭してしまうんです。

こうしたらどうなるとか、ああしたらどうなるとか、そんなことをあれこれ考えながら試していきます。

Keyshotでいろんな質感をためす

それがこれです。これは、鉄の質感ですね

potsteel

これはすごい。クリスタルガラスのような質感です。

potsglass

 

これはプラスチック。まさにプラスチックのような光沢です。

potplastic2

 

これは、すりガラス。民芸品売り場におかれていそうです。

potplastic

 

これは、水。うまそう。

potgem

 

これは、銅です。

potcopper

 

これは、ビールが入っている質感。

泡があればもっといいかも・・。

potbeer

 

Zbrushで落書きした先ほどあげたものもレンダリングしてみました。

potrakugaki

磁器のようなものができました。

どこかに本当にありそうです。

 

こういうことを日がな一日やっていたわけですが、リフレッシュしますね。

リラックスノートを描くときのような瞑想感です。

 一生をかけた趣味にかけるお値段

ちなみに、「お高い」とか「お安い」とか言っていますが、気になるお値段について。

モデリングをするためのソフト Lightwave3Dは、1999年に当時30万円(!)くらいで2年ローン(!)で買いました。

モデリングから、質感づけ、そしてアニメーションまですべてをまかなうオールインワンソフトで、CMのCGアニメーションによくつかわれていました。15年前当時では、ほぼ最先端のソフトウェアでした。TVのCGアニメーションもこれで作ったものが多かったのです。(ハリウッドでは、さらにすごいのを使っていた)

Zbrushは、粘土のように削ったり盛り上げたり引っ張ったり押し込んだりしながら比較的自由にかなり精巧なモデリングをするソフトです。

これは、2年前に9万(!)近くしました。現バージョンでは10万こえています。これは、3Dプリンタと組み合わせて、きれいなフィギュアをつくるためにもつかわれています。

そして、つくったものをレンダリングするKeyshotは、Zbrush専用だといろいろ合わせて40000円弱。これはこの正月に買いました。

併せて45万。さらにほかにも国産のCGソフトShadeだとか、風景を描画するBruceだとか、人体をポージングするPoserだとかいろいろと買ってきたので、ここ20年ほどで3Dソフトに使ったお金はおよそ100万(!)近くになりそうです。

 

なんでそんなものを、一教師の私がローンを組んでまで買ったのかというと、一生の趣味にしたかったからです。アニメーションをつくりたかったんです。

もちろん仕事にも使っていました。理科の専科教師の時には、実験の説明に使う器具の資料をこれらのソフトでつくって使っていました。

下のは、2000年くらいにつくったものです。

syukibin

 

下のは、絵具の使い方の資料。

図工の時間に黒板にはって使っていました。これも2000年頃。

 

絵の具 絵の具セット 絵の具の机上整理

3Dでつくるよさは、一度作ると使いまわせること。

一番上の絵具が、二つ目には箱に入り、3つ目の絵では、箱ごと机に並べられています。全部同じものです。

また角度も変えられます。

だから、そういう用途にはとてもいいんです。

 

しかし、それにしては高い。仕事に使うにしても、個人でやるにはハードルが高すぎです。

 

でも、一生の趣味のためといえば話は別。

車を一台買うのとそう変わらなんですから。

そう思って、20年かけて少しずつ良質のソフトを買いそろえてきました。

渡部昇一氏がいうところの「個人のライブラリ」づくりをCGソフトでやってきたようなものです。

 

しかし、とてもとても。

人ひとりつくるのに、何日もかかるし、骨組みを組み込んで、自由にポーズをとらせるようになるだけでも。当時1年くらいかかりました。授業のための研究をしながらではとてもアニメーションづくりをするような時間はありません。

しかし、、こうしてときどき腕がなまらないようにしながら、時間ができる時を待っています。

 

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-瞑想, 絵を描く
-,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.