寺田寅彦の世界に分け入る

日刊よもやま話291

明治の物理学者、寺田寅彦に興味をもつようになりました。

小山慶太氏の一連の知的生活に関する本を読んでいるうちに、文人漱石の門人、文理両道で学問を楽しんだ寺田寅彦という人物にとても関心を持ったのです。
「吾輩は猫である」に出てくる「寒月くん」その人であると言われています。

物理学者でありながら、随筆や歌をつくる。
「寺田物理学」というように物理学の分野に自分の名前が冠されるほどの業績をあげ、
また寺田寅彦全集のなかに、随筆集などの巻がある。
そして、そのどちらも高い質を誇る。

非常に興味があります。
明治における、知的生活の体現者。学問を「楽問」として生きた人。
その世界にしばし分け入ってみようと思っています。

寺田寅彦 - 漱石、レイリー卿と和魂洋才の物理学 (中公新書)

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ポケットモバイルCloudは本当に無制限で最安値のCloudWi-Fiなのか


Cひかり 遅くならない安定のネット回線

-02 読書のスタイル
-,

© 2020 知的生活ネットワーク