あの頃、あの歌を

今週読もうと思っている本です。

これは、ちょっと前に買って置いた本です。

昭和30年代の、国語の教科書に載っていた詩を集めた本です。

すきま時間にぱらぱらとめくる感じで読み進めたいと思っています。

それにしても、さすが教科書に載る詩だけあって、未来へ向けた希望に充ち満ちた作品がたくさんあります。

「春の朝(あした)」

時は春、

日は朝(あした)、

朝は七時、

片岡に露みちて、

揚雲雀なのりいで、

蝸牛 枝に這ひ、

神、そらにしろしめす。

すべて世は事も無し。

ロバート・ブラウニング 上田敏訳」

なつかしいなあ。こんなのが次から次へと出てきます。

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ポケットモバイルCloudは本当に無制限で最安値のCloudWi-Fiなのか


Cひかり 遅くならない安定のネット回線

-02 読書のスタイル

© 2020 知的生活ネットワーク