「遅読」についてどこかで記事にしたなあと思ってさぐってみたら,下書きのままになっていたのに気づき,昨日急いで記事にした。

【読書】わたしの読書についての覚書2015版 | 知的生活ネットワーク

私自身はことさら遅読を実践しているわけではないし,「遅読」を特にすすめるわけでもない。速読も遅読もそれぞれの目的によってどちらも必要としており,読書の方法として行っている。しかし,速読の本は世にたくさん出ているのに,「遅読」に関する本は少ない。何事もバランス感覚が必要であると思うのであらためてこの本「遅読のすすめ」をクローズアップしてみたくなった。

著者の「山村修」氏は,大学の図書館司書を務めながら,日刊ゲンダイの書評を長きにわたって続けた書評家。ご自身の読書スピードは1週間に1冊,月に4,5冊ほどであり,遅読を大事にされた。速読がもてはやされる風潮の中で,2002年にこの本を著した。

ここに次のような文章がある。

「目が文字を追っていくと,それに伴いながら,その情景が表れてくる。目の働き,理解の働きがそろっている。そのときはおそらく,呼吸も,心拍も,うまくはたらきあっている。それが読むということだ。読むリズムが快く刻まれているときそれは読み手の心身のリズムと幸福に呼応しあっている。読書とは,本と心身とのアンサンブルなのだ」37

本を読んでいると何だか知らないが焦っているときがある。呼吸が乱れ,心臓がどきどきすることがあるのだ。

なぜかはわからない。

読んだ本の内容に高揚しているのか。

短い時間の中で,今日中にまだこれだけ読まなければならないと思ってのことなのか。

いったん立ち止まって考えたいが,先に進みたくもある。いったいどうしたらいいのか,という混乱か。

おそらくそのどれもがあてはまるのだろう。そしてそのような状態に陥った時点から,私の読書は空虚なものになっていく。頭に入らないのか,飽和するのか,とにかく読んだものがくっきりとした形となって頭にはいってこなくなるのだ。そういう時には,本をいったん置くことにしている。

そういう状態のことが,この一文によく説明してある。そういう状態ではない時,つまり快適に読書をしているとき,私の目の働き,理解の働きがきっとそろっているのだ。呼吸も心拍もうまくはたらきあっているのだ。

cafe

遅読がいいのだ,とか速読がいいのだ,いうことを思っているわけではない。

速読により,さっさと必要な情報だけ抜き取っていく読み方で十分な本もある。そういう本は,そういう読み方をしているときに,きっと目の働きや理解の働きがそろっているのである。呼吸も心拍もうまく働きあっているのに違いない。

ゆっくり読もうと思いながら小説を読んでいるとき,または,さっさと必要な情報を得ようと速読により情報本を読んでいるとき,もし焦燥感が表れ,頭に内容が入らなくなり,心臓がどきどきし,呼吸が乱れて来たら,その読み方をやめたらいい。きっとその読み方のリズムが自分の心身のリズムに合っていないのだ。

山村氏が3回目の遅読で発見した「吾輩は猫である」の,ある一行。スイスイ読み飛ばしていくような読み方で,その一行にまで落とさずに目が行き,読み味わえる状態なら,それはそれで心身のリズムにあっているのだ。速読すればいい。

普通なら1ページ1秒ほどで速読できる自己啓発本を読んでいるとき,急に頭に入ってこなくなったら,じっくりと腰を据えて遅読すればいい。きっとそこには,知識のあらたな地平が広がっているのかもしれない。

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly