1週間前に思い立ってよもやま日記を復活。

毎日書くことにした。

今日で1週間になったのでとりあえず成就したことになる。

 

今回の挑戦にはそれなりの意味があった。

内容は別になんということはないものだが、それを書いたということに大きな意味がある。

 

今週は、これまでにないほど厳しい週だった。

自分の力ではなんともならないことが次々と目の前に現れ、それでもひとつひとつそれを解決していかなくてはならない。

自分の努力で何とかなるのならどれほどいいだろうと思い続けた1周間だった。

毎日胃が痛い日が続き、食事ものどを通らない。

常にこころがざわざわし、胸がどきどきする。

これまでにないほど朝も起きられない。

そんな1周間だった。

ふつうなら、とてもブログを書こうなんていう気にならない日々だったわけだが、とりあえず私は書くことができた。

 

それだけのことだけだし、なんでそこまでしてブログをかかなくちゃならないんだ、ということでもあるのだけど、「何かを書かずに入られない」私にとって、何らかのことを書き続けられたのは喜ばしいことなんです。

ブログのカレンダーに「書いたよ」の印がつかない日が1週間つづくよりも、ライトな記事でもちょこちょこと書き続けられている方がほんの少し心地よい。

 

このあたりはいろんな考えがあると思うが、私はそうだ。

過去最悪の心境だった先週、私は大した内容の記事ではないけど毎日書けた。

ひとつの小さな自信になった。

 

さて、またしばらく休もう。

書けるようになる日が来るまで。

ついこの前書いた、この記事のように、またやろう。

【私なり】ブログの育て方〜ブログが書けなくなった時の処方箋 | 知的生活ネットワーク

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly