記事内に広告を含む場合があります。

読書部

スポンサーリンク
読書部

フォレスト出版のプロデューサをが教えるあなただけのコンテンツビジネスの作り方

コンテンツビジネスに関心があり、手当たり次第に本を読んでいます。ほとんどが内容の薄い,もしくは軽い、はたまたChatGPTに作らせたであろう本ばかりでしたが,ようやく読み応えのある本に出会いました。書かれている理屈はすでに知っていたり実践し...
読書部

20歳の自分に伝えたい知的生活のすゝめ 齋藤孝

20歳の自分に伝えたい知的生活のすゝめ を再読し始めた。2022年に一度呼んだ本だが改めて読み始めようと思った。齋藤孝先生の「知的生活」というものがどのようなものか、改めて知りたかったからだ。以下は、この本のアマゾン販売ページからの引用だ。...
読書部

「大常識」百田尚樹〜あんたら,正気か?

2023年11月24日、百田尚樹氏の新刊「大常識」を買ってきた。近頃,世の中であまりにもこれまでの常識とかけ離れたことが起こり続けていることに不安を抱いていた。同じく、日本の政治の非常識的な流れに不満を持ち警鐘を鳴らしつづ寝てきた百田氏が世...
読書部

audible の使い方 iPhoneでの聴き放題活用戦略「ローテーションで出会う」

audible は,月額1500円の,本の聴き放題サービスです。本屋に平積みになっているような本を,月額1500円で何冊でも専門の朗読の方が読み聞かせてくれるサービス。audibleを始めたい方は、こちらの公式サイトから▶ Audibleこ...
読書部

「半七捕物帳は私の古典」 渡部昇一

半七捕物帳?さきほど、audibleのライブラリを紹介したとき「半七捕物帳」という題名に「?」となって方もおいでではないでしょうか。(こちらの記事のことです。「audible 2022年2月本の新陳代謝 /)時代小説です。他の本と比べ、異質...
読書部

audible 2022年2月本の新陳代謝

※メルマガからの転載audibleの聞き放題サービスが始まって2週間。(2月11日時点)僕は、聞き放題サービスの楽しみ方は、「たくさんの本に出合うこと」と思っているということは以前のメルマガでお伝えしたと思っていますさて、2週間たちまして、...
読書部

Audibleの使い方 5つのポイント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ※2016年に書いた記事を2022年2月に追記修正しました。 当時,amazonアンリミテッドが登場していなかったので...
読書部

コンビニで,相対性理論や量子力学の本を買える時代

 土曜日の朝,散歩をしていて途中でコンビニに入ったんです。コーヒー買って,さて出ようかと思ってふと本棚に目をやりました。すると冗談にこんな本があったんです。紙はしっかりした厚めのコート紙で,青と黒の2色刷り。「相対性理論と量子論 くらべてみ...
読書部

2022年の知的生活~インプットの時間を増やすための施策とは

2022年。すごく覚えやすい数字の年になりました。今年のLyustyleは,どのように進んでいくのか今考えていることを書いておきたいと思います。インプットの比率をもとに戻す僕は,鬼アウトプットの人ですから,手当たりしだいにできるアウトプット...
知的迷走日記保管庫

「定年後」~Lyustyleの読書~黄金の20年を苦しまないために

※2021-3-22 定年退職を10日後に控えて再読しています、Lyustyleの書評記事です。メルマガ「知的迷走通信」で連載していた書評記事からこちらにすこしずつ掲載するプロジェクトを行っています。今日は,その20本目,楠木 新 氏の「定...
スポンサーリンク