SHOTNOTEを使って見た。

2011年4月18日

20131007-202900.jpg

SHOTNOTEを使う際、用途として決めて置いたのは、思いつきやアイデア。

作業用ノートの横にSHOTNOTEをおいておき、備忘録や新しく生まれたタスクなど普段はこのノートに書くのだが、作業中にアイデアが思い浮かんだら、作業用ノートではなくSHOTNOTEに書く、というルールを作って置いた。

会議中だったが、頭の切り替えはスムーズで、会議の中で思い浮かんだアイデアはさっと横においてあるSHOTNOTEに書くというその感触はなかなかのものだった。

書いたものがメモに終わらず必ず利用されるデータベースにはいるのだ、という安心感もいい。

SHOTNOTEは、機能だけでなくそれら諸々の心地よさまでを含み混んだ一つのシステムとして提供しているのだな、と感じた。

メモパットはちょっと高いと思ったが、ソフト面まで含んだシステム全体にお金を払っていると思えば、また買ってもいいかなと思えてくる。

 

 

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

-知的迷走日記
-

© 2023 知的生活ネットワーク