02 アプリたち レビュー 絵を描く

iPad Pro版 CLIP STUDIO PAINT EXに、私が月額980円支払うことを決めた理由3つ

投稿日:

 iPad Pro版クリップスタジオEXが登場して2週間ほどたちます。

 

 

 

 私は登場とともにすぐにインストール。

 月額980円のサプスクリプション制にも驚きましたが、それを6ヶ月間無料にというのも驚きました。(12月20日まで)

 

 サブスクリプションは今の時代の趨勢ですから受け入れざるを得ないなと思っていましたが、いざ使ってみると、納得です。

 私はすぐにサブスクリプションを購入しました(とはいえ、6ヶ月は無料)

 Netflix 700円と、MoneyForward 480円をやめて1180円を浮かせ、それで支払いに充てることにしました。

 イラストレーターとしてのお仕事をさせてもらえるために準備をしようとする私にとってなくてはならないツールだと思ったからです。

 一体何が私に、月額980円も払わせてでもこのクリスタiPad Pro版を使わせようとするのでしょうか。

描画ツールの使いやすさ

 実は、これに尽きると言っても過言ではありません。

 ラフを描くための鉛筆、ペン入れをするためのペン。

 ざっくりと色をつけるためのマーカー。

 こういった基本ツールがすぐに「使える」のです。

 

 Procreateや、メディバン、ibisPaintなど、有名な素晴らしいツールはたくさんあります。これで描いた瞠目するような素敵なイラストもたくさん知っています。それらを見て、私もこのツールを購入しました。

 しかし、これらのツールを購入してから何年にもなりますが、とうとう「ためす」だけで先に進めることはできませんでした。

 ペンツールを自分好みにカスタマイズしているうちに力尽きてしまう、ということの繰り返しだったのです。

 おそらく、これらのアプリからデジタルイラストを始めている方にとっては造作もないことだと思いますし、自分の手のように馴染むことができるすぐれたアプリだと思います。

 25年以上前からPCでイラストを描いてきた私には、PC版のソフトが完全に手に馴染んでいます。そんな私には、絵描きアプリは慣れるまでいかなかった、慣れるまでに力尽きた、というのが原因です。

 慣れていないために、描きたい絵をさっと描き始める、といったことができなかったわけです。

 

 だから、私は「イラストを描かせてください」の記事で、年末まで準備をしたいと言っていたのです。それまでに自分に最適なツールを決め、すぐに描き始められる設定を作っておこうと思ったのです。

イラストを描かせてください

 ところがクリスタの登場によって、それが一気に解決です。

 PC版で使っていたそのままの描き心地のツールがそこにありました。

 そのツールを選んだ途端、すぐに描き始められ、一気に彩色まで進んだのです。

 こういうことはiPad を使い始めてから7年で初めてのことでした。感動です。

 その後、短期間の間にいくつもの絵を描くことができています。

 下の絵は,学校のおたよりや,ブログの挿絵など。

使い慣れたツールを使えるということはこれほど生産に影響を与えるものです。

私はこのためだけに月額980円支払ってもいいと思いました。それ以上の生産がきっとできると思ったからです。

使い慣れたインターフェースをそのまま使える

 上に近いのですが、ペンの設定をカスタマイズするにはこうしたらいいとか、選択範囲で画面を切り取るにはとか、絵を描くにあたっては様々な段取りが際限なくと言っていいほど続きます。けっしてペンをキャンバスに走らせるだけでなありません。

 筆のサイズの変更一つとっても、太くしたら補足したり、さらに濃度を変えたり、混色具合を設定したりなど版を動かすのと同じだけのそれを支える操作が必要です。

 これらを、どのようにすれば最短で行えるのかを知っておくことは、生産の効率に大きく響きます。

 画面を左右反転させてバランスを見るというようなことはイラストを描く人やよくやるのですが、慣れてないツールではそれをどのようにするのか、その機能はどのメニューに隠れているのか探すだけで10分もかかってしまうことがあります。

 クリスタiPad Pro版は、PC版で使っているインターフェースに非常に近いので、それらを探し出す時間がとても短くてすみますし、ほぼ同じ、ということが多いのでとても助かります。

クラウドによる完全同期

 クリップスタジオの会員になると、クラウドで作品や素材などを同期することができます。

 これをそのままiPad Proでも使うことができるのです。

 私がPC版で描いた絵が同期によってずらずらとiPad Proに表示された時には実に幸せでした。

 もちろん、iPad Pro版で描いた絵も、PC版で同期して描き続けることができます。

 一方通行ができるアプリはこれまであったのですが、同期して双方向で描き続けられるアプリは見つけられませんでした。

 これで、ソファや食卓、時には寝転んである程度描き上げ、仕上げをPCで、という描き方もできるようになります。

 正直いうと、PCで板タブレットを使って描くよりも、iPad Proで液晶タブレットのように直書きで書くほうが描きやすいので、この環境ができたということはとてもありがたいのです。

PC版とほぼ変わらない機能

 サイトで比較を見て見ましたら、その違いは、ほんのいくつかで、それも特殊な機能に限られていました。

 もうほとんどPC版と同じと言っていいのです。

 これには正直言って驚きました。

 以上長くなりましたが、これが私が月額980円払い続けようと決心した理由です。

関連情報

挿絵工房の紹介

 「挿絵工房」は,これまでに、ニュースレター用などで書きためてきた200個ほどの挿絵をまとめたサイトです。

 イラストは,自由に使ってもらって結構です。

 @Lyustyle あてに「使ったよー」などと教えていただけると喜びます。

挿絵チャンネルの紹介

 メイキングとか、ツールの紹介とか、そんなことやってます。

メイキング動画の紹介

YouTubeにブログの記事のために描いたイラストのメイキング動画をあげています。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち, レビュー, 絵を描く
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.