03 知的生活日記

将来何の役に立つのかもわからないような研究が地道に行われた先に・・「目に見える世界は幻想か」

投稿日:

知的生活日記をしばらくなまけていた。

1年生学級通信にかいた挿絵

教育に関すること

教育メモに,来週の授業研究の基本的な流れを書いた。

また,指導技術にかんするポイントをいくつか書いた。これは,教育ちゃんねるの方で記事にするつもり。

読書について

バスや地下鉄の中で、夢中になって読書。

バスを降りてから30分ほど時間があったので、ファミレスに入ってアイスコーヒー飲みながら読書。

夜は、踏み台昇降しながら読書。

ちょこっとした時間を見つけてよく読めた日だった。

「目に見える世界は幻想か」読了

科学史を読むのはとてもスリリングでドラマチックでおもしろい。

内容がよくわからないところはあっても十分面白い。

でもこの本は,数式なしで説明できる極限までわかりやすく書いてあり,量子力学,一般相対性理論などがずいぶん近しくなった。

それらに深入りすることは,人生上で達成したいの他のさまざまなタスクの時間をあまりにもけずってしまうことになる。深入りはできない。

しかし,さらに2,3冊は読んで楽しみたいと思わせてくれるのに充分であった。

これも,「フェルマーの最終定理」のように,何度も繰り返して読む一冊の本の仲間入りをするのかもしれない。

将来役立つ,とか,有望だという研究には人が集まる。そこで幾多の研究が行われることによってその分野は進展していくのだ。しかし,ニュートン力学を相対性理論が覆したようなパラダイム・シフトが起こることはない。

まったく将来何の役に立つのかもわからないような研究が地道に行われた先に,パラダイム・シフトが起こるような重要な発明,発見がなされる。

昨年のノーベル賞受賞者の大隅良典氏も同じことをされていた。

私たちも,日々の教育の仕事を,ただただ,地道に確実にやっていくしかない。

電子書籍の進展

教育ちゃんねるに「一年生との付き合い方」第6話をアップすると同時に,Scrivenerで編集,コンパイル。

Kindleに送って読んでみる。

この調子で,6月7日までにあと4記事が目標。

週次レビュー(週記)

週末に行う週次レビューをおこなった。私は「週記」と呼びならわしている。

私が仕事に埋没してしまうことなく,第2領域に関することで少しずつでも前に進めているのは,ひとえに2007年から行っているこの週次レビュー(週記)のおかげだ。

自分が何を勧めようとしているのか,週記がしっかり教えてくれるからだ。

そうしないと,明日の授業の事ばかりしか考えられなくなってしまう。教師はそうでなくちゃ,という教師観を持った人もいるが私はそうではない。

自分が第2領域に属することを地道にすすめていくたぐいの教師であるからこそ,教育という仕事に幅が出ると思っている。

大事だ。

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-03 知的生活日記
-, , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.