サピエンス全史を読んだ。

作者の圧倒的な想像力,洞察力に脱帽した。人間は小麦から家畜化されたなどという発想をいったいどこから得られたんだ!

もちろん,著者の洞察力のすばらしさなのだが,私はこの本を読んでいる間中,ずっとこの本をどこかで読んだ気がしていた。

 

本棚をいつものように触っているときに「あっ!これだったんだ!」と思った。

「空から墜ちてきた歴史」小松左京 1981年

れっきとしたSF本である。

訳者(とされている話者)が深夜帰宅したときに見たUFOから落ちてきた七角柱の金属棒。

そのキャップがはずれたとたん,なかの物体から直接脳にイメージが伝達されてきた。それは地球人類を7000年にわたって観測し続けた宇宙人の手記であった。

その手記を訳者が翻訳してつくった本だという設定になっている。

 

単なる空想科学小説だと思って読み始めたら,そうではない。

小松左京の人類史に関する歴史観の展示場だった。

宇宙人が実際に見た,経験したそのものを語った手記という表し方ではあるが,まさに,小松左京による人類7000年史の書き直しだったのだ。

それまでの私が思ってもみなかったような洞察に満ちた歴史の断片があちこちにちりばめてある。

 

氷河期の後の大海進による急速な海面上昇で,海抜150m以上の高地に逃れる余裕のあったものだけが生き延びた。(150mの高地が現在の0mである!!)

その時,当然,人類のうちでもかなり高度な文化に達していたグループの相当数が滅びてしまった。宇宙人はそれを見たのだが,手を下してはいけない決まりなので助けることはできなかったのである。

そのグループは氷河期の末期までにかなり進んだ段階の栽培農業を行って,石造建築や構造船をつくるところまで発展していたのだが,それらの文明が海面下100メートル以下に沈んでしまって残ったのは山岳部の原始的なグループだけだった。山岳部にいた文化の遅れたグループの人類が,その海のほとりから今に続く文明を築き上げていくわけである。

 

なんでそのような想像ができるのか,この本を読んだ当時,驚愕した覚えがある。

しかし,冷静に考えれば,氷河期末期,今の海岸線にあたるところは相当海抜が高いところにあったわけで,当時の人類はそんな高いところで文明をはぐくむわけがない。

海に近い平野で生活を営んでいたのだ。それはすべて沈んでしまった。

冷静な洞察のたまものである。

しかし,コロンブスの卵と同じで,言われるまでは気づかないのである。

 

このような「手記」が満載の本。

私は,この本から歴史というものの洞察の面白さに目を開かされたのだった。

 

サピエンス全史を読んでいる間中,ずっと頭にあった一種のデジャヴ感覚の源泉はこの本にあった。

今回が2回目だったのだ。

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly