外付けHDD完全復旧! DiskProbeを使って 2度目!!

このブログでよくアクセスのあるエントリーは

外付けHDD完全復旧! DiskProbeを使って

ということになってます。かなり需要があるのだと思います。

私は今回、自分自身でこのエントリーのお世話になりました。

とはいっても、このエントリーには入口が書いてあるだけです。

実際は

「サポートツールからdxkprobe.exeを取り出す。」

ここを参照しながら、注意深くdskprobe.exeを起動し、実行する」

というふたつのことをしなければなりません。

私は昨年このエントリーを書いたときに、もし次に同じことがあってもここに書いたとおりにすれば大丈夫、と思っていました。

しかし、そうはいきませんでした。

いくつかの障害をのりこえなければなりませんでしたので、ここにメモしておきたいと思います。

XP機がないと、dskprobe.exeを取り出せない

dskprobe.exeの入手先については以前のエントリーで

XP用のDiskprobeが入ったSuportToolsはここからダウンロードできます。 → XP用SupportTools

と書いています。

VistaでもWin7でもとりあえずここからSupport Toolsをダウンロードできます。

 

ところが、これがXP機でなければインストールができません。

Vista機では途中でエラーになります。

だから、どこか、XP機をさがしてインストールし、そこからdskprobe.exeを取り出す必要があります。

一度、Vista機などにコピーしてくれば使えますので、どこかに大切にとっておくといいでしょう。

私はとっておいたはずなのにどこかになくなってしまい、ほんの少しつまずきました。

今はVistaどころかwindows7の世の中なのでvista用とかWin7用のプログラムがあると思いますが、私はXP用のWindows support toolからインストールしてとりだすdskprobe.exeのことしか知りませんのでもうしわけありません。

 

マニュアル通りにしてもうまくいかない

 

今回は、解決方法をそのままこちらにペーストします。

FAT32 ファイル システムには、ブート セクタのバックアップ コピーが含まれています。dskprobe.exe を使用して、破損したブート セクタにバックアップ コピーをコピーすることができます。プライマリ ブート セクタは論理ドライブのセクタ 0 であり、バックアップ FAT32 ブート セクタは論理ドライブのセクタ 6 にあります。[Bytes] 表示で、論理ドライブのセクタ 6 を読み取り、そのセクタを "FAT ブート セクタ" として参照せずに論理ドライブのセクタ 0 に書き込みます。

バックアップの FAT32 ブート セクタを復元するには、次の手順を実行します。

警告: FAT32 パーティションの場合、[View] メニューからブート セクタを FAT ブート セクタとして表示して保存しないでください。この操作を行うと、ブート セクタが再び破損します。これは行わずに、dskprobe での編集セッション全体を通して、デフォルトのモードである [Bytes] 表示のままにしてください。

  1. dskprobe.exe を起動します。
  2. [Drive] メニューの [Logical Volume] をクリックし、修復が必要な FAT32 ボリュームを示すドライブ文字をダブルクリックします。
  3. [Read-Only] チェック ボックスをオフにして、[Set Active] ボタンをクリックし、[OK] をクリックします。
  4. [Sectors] メニューの [Read] をクリックします。[Starting Sector] の値をデフォルトの 0 から 6 に変更し、[Number of Sectors] の値を 1 のままにして [Read] をクリックします。これにより、バックアップ FAT32 ブート セクタが読み取られます。
  5. [Sectors] メニューの [Write] をクリックします。
  6. アクティブなハンドルが、修復するボリュームの論理ドライブ文字のままであることを確認して、[Starting sector to write data] の値を 6 から 0 に変更し、[Write It] をクリックします。[はい] をクリックして、ドライブのセクタ 0 を上書きすることを確認します。
  7. dskprobe ツールを終了し、修復したボリュームに対して chkdsk を実行します。
    chkdsklogical_drive_letter:

    ドライブの修復を追加で行う必要がある場合は、/f スイッチを使用します。

FAT32 ボリュームで dskprobe を使用する場合、[View] メニューからブート セクタを FAT ブート セクタとして表示して保存しないでください。dskprobe.exe で FAT32 ブート セクタを表示または変更する場合は、[Bytes] モードのままにしてください。

MicroSoftサポートからの引用です。

このとおりに落ち着いてやれば確実に成功するはずです。

 

ところが今回は意外なところでつまずきました。

上の2.でつまずいたのです。

 

ドライブ文字をダブルクリックしても「unable to open the Physical drive」とおこられて当のドライブを選べないのです。

何をしてもダメ。

そうとうはまってしまいました。

その場合の解決法を書いておきます。

そのドライブを使っているプログラムを終了させる。

これだけです。

私の場合、「マイ コンピューター」のフォルダを開いていたのが原因でした。

「あ」と思ってこれを閉じた途端、ちゃんとダブルクリックでセレクトできました。

あとは上の手順でなんなく復旧完了でした。

 

こういうのははまるとどうにもならないので、お役に立てれば幸いです。

 

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ポケットモバイルCloudは本当に無制限で最安値のCloudWi-Fiなのか


Cひかり 遅くならない安定のネット回線

-未分類
-

© 2020 知的生活ネットワーク