僕らが新任教師だった頃、保護者は僕らを一人前の教師に育てようとしてくれた。

2010年5月7日

僕らが新任教師だった1980年代のはじめ、保護者は僕らを一人前の教師に育てようとしてくれた。

文科省による初任者研修などない頃、保護者がいろいろなことを教えてくれた。時にはお手紙で「先生、参観日の時、黒板に書いた漢字の筆順がまちがってたよ。」など、今見たら赤面しそうなことをそっと教えてくれた。

授業が下手でもいつか上手になるさと励ましてくれたものだ。

「こんな新任の教師には家の子どもは任せられない」なんて言ってくる親はいなかった。

そうして、さまざまな不満や不安もあっただろう、それを抑えて育てていただいた。

だから僕は今ここにいる。

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

-黎明記
-,

© 2023 知的生活ネットワーク