「 手帳 」 一覧

知的迷走日記

今年は,ほぼ日の継続期間が長い~TextGraphy

そろそろ来年のほぼ日など,手帳が出始める時期になったなあ。 今年は久しぶりにほぼ日を使った年だった。 で,これが結構今年は続いている。 というのも,ほぼ日を使った年は,たいてい5月頃で頓挫してしまうの ...

030 メモの取り方

味わう手帳3〜蓄積したデータを味わう「データベースシステム」魂の発露

教師3年目ともなると、仕事上の責任が増えてきたり、論文を書いてまとめたりといった「幅」が出てきます。  こうなると、スケジュール帳や、教務必携などのようなノートだけでは管理できず、勉強用のノートとか、 ...

030 メモの取り方

味わう手帳2〜スケジュール帳を「味わって」いた頃

教師になってからはスケジュール管理が必要になりましたので、いつもポケットに小さなスケジュール帳をいれていました。  まだまだ時間の使い方などがわからず、夢中で毎日をすごしていました。 情報をインプット ...

030 メモの取り方

味わう手帳1 手帳に「味わう」という機能を持たせる

これから、6回にわたって「味わう手帳」というテーマでお話しします。 これは、今から8年ほど前に、カフェで一気に書き上げたものですが、日の目を見ないままWorkFlowyに移し、そのまま眠らせていたもの ...

百均手帳

ダイソーのモレスキン「ダイスキン」の費用対効果

※メルマガで配信したものに加筆して転載しています。 いくつものノートを使い分けるスタイル みなさんは,手書きによる思考のキャプチャとしてのメモの主力として何をお使いですか?   僕は日常生活のさまざま ...

037 ほぼ日手帳の使い方

「ほぼ日手帳」を知的抜き書き日記として使う

ほぼ日の記事を書くのは,どうも5年ぶりのようです。 ここにきて,なぜほぼ日の記事を書くのかというと,もうすぐ来年のほぼ日が売り出される時期だからです。   ほぼ日だけでなく,これから秋にかけてさまざま ...

023 書評

「スーパー書斎の仕事術」~Lyustyleの読書 ~1987年のライフハック

2019/07/19   -023 書評
 , ,

「スーパー書斎の仕事術」 元祖ライフハック系の本。 山根一眞氏の「スーパー書斎の仕事術」です。   1980年代に書かれたこの本、まだインターネットどころかパソコン通信も始まっていないし、そもそもパソ ...

030 メモの取り方

発想を広げ、長期記憶を促すノートの取り方 まとめ

ノートの取り方は人によって千差万別ですから、これが正解というものはありません。 しかし、人のノートの書き方は自分のノートの取り方を作り出していく過程でとても参考になることは確かです。 そこで、現在ノー ...

023 書評

「ゼロ」を読んだ人に 二宮翁夜話のススメ~Lyustyleの読書

二宮翁夜話のススメ 二宮尊徳翁の二宮翁夜話には,人間に必要な原理原則がしっかりと描かれている。 昔の人はそれをしっかり読み込んで自分の行動の礎にしていたのだと思う。 そのうちの1つに、大きなことをしよ ...

031 メモの魔力

メモを死蔵しない!アイデアを見返すタイミングとは

なんらかの気づきがあってメモした時,それを見返して掘り下げることをしないと死蔵されてしまいます。 たくさんのメモが放ったらかしになり,時間がたってから見ると,なぜそれが心に響いたのかすらすでにわからな ...

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.