【読書】立読のすすめ 2017-7-2追記

チリツモ読書の1つの形態として、帰宅して書斎に入ったときの10分間を読書に充てる、それもたったまま、ということを始めてそろそろ1ヶ月経とうとしています。

書斎のソファーや椅子に腰かけて落ち着く前に1読書やってしまおうと言う気持ちで始めました。それなら確実に読み進められます。

立ったままの方が頭に入るという事

確実に確保できる10分間であると言う事

このふたつの点でとても良いので、帰宅後立読はオススメです。

内容に関しては何でもいいと思いますが、私の場合は小説などは控えています。

10分間でなくその後ズルズルとずっと読み続けてしまう恐れがあるためです。いや、実際10分間のはずが止められずに30分間ぐらい立ったまま読み続けてしまったこともありました

逆に、立読にいいのは、小説のように面白いものではないけれど、読まなければならないので仕方なしに読み進めなければならない本。勉強ののための本などです。
また、ひたすら量をこなしたい情報収集のための本であるとか。
そのような本はとても頭にも入りやすいし効果があると思いました。

わたしは、帰ってきてから書斎の机の上に置いているキンドルにすぐに手を伸ばし、途中から読み始めると言うのが1番スムーズで良いように思います。

紙の本よりもキンドルで読むことの方が圧倒的に多いです。すぐに続きから読み始められるということもありますし、読みたい本をそこにすべている入れているのですからあちこち探し回るなくても良いと言うこともあります。

まあ、しかし、立ったまま読むのではなく、座ってゆったり読みたいものですけどね。YouTubeなんて見てないでね。(遠い目)

そのYoutubeですが,今いちばんほしいものはこれ。

追記 2017-7-2

以下の記事で,この記事を紹介しました。

ウォーキング読書のすすめ

「ウォーキング読書」と銘打ってとりくみはじめてからすでに3か月ほどたちました。 ここで一度,まとめておきたいと思います。 目次「ウォーキング読書」とは「ウォーキング読書」のおすすめポイント歩くことと読 ...

ここに書いてからもう1年半になりますが,継続しています。

立ったまま読むということは,人間の脳と体のつくりにとって良いことだと思っています。

脳科学の本などを読めばきっとその根拠があると思います。

 

ここから,他のライフスタイル日記へもどうぞ。 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。



お申し込み

登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
ポケットモバイルCloudは本当に無制限で最安値のCloudWi-Fiなのか


Cひかり 遅くならない安定のネット回線

-02 読書のスタイル
-

© 2021 知的生活ネットワーク