01 読書の仕方

ウォーキング読書のすすめ

投稿日:

「ウォーキング読書」と銘打ってとりくみはじめてからすでに3か月ほどたちました。

ここで一度,まとめておきたいと思います。

「ウォーキング読書」とは

誤解があってはいけないので説明しますと,いわゆる「歩きスマホ」的なものではありません。

「読んでは歩き,歩いて考え,立ち止まってはノートをとり,また読む。そしてまた歩き出す」

そのような読書の仕方です。

読むスピードは激減しますが、考える量は激増します。

何しろ一行読んだだけで頭がぐるぐる回転し、新たなことをどんどん思いつくのですから。

「ウォーキング読書」のおすすめポイント

ウォーキング読書のいいところは,歩くことに飽きない,そして読むことに飽きないということです。

ハイブリッドでやっているので,お互いにとって相乗効果があるからですね。

歩くことは考えることに刺激を与えますし,考えることは歩くことに刺激を与えますし。

ウォーキング読書をする日は,いつもより長く歩いてしまいます。

「もっと読み進めたい。もっと歩きたい。もっと考えを深めたい」という気持ちになるからでしょうか。

歩くことと読むことの相性

昔の西洋の図書館には回廊がありました。

そして書見台は高い位置に設置されていました。立って読むためです。

図書館の利用者は,本を読んだら,しばし回廊を歩いて考えるのです。そのために立って読むような書見台のつくりになっていたわけです。

昔から,「歩く」ことと「読む」こととはセットになっていたのです。

きっと「サピエンス的」に相性がいいのでしょう。

まとめ

長いこと「帰宅後立読」ということをやっています。

【読書】立読のすすめ 2017-7-2追記

Post Views: 661 チリツモ読書の1つの形態として、帰宅して書斎に入ったときの10分間を読書に充てる、それもたったまま、ということを始めてそろそろ1ヶ月経とうとしています。 書斎のソファー ...

続きを見る

帰宅して書斎に入ると,そのまま着替えてリラックスする前に立ったまま20~30分間読書をするわけです。そしてさして広くもない私の書斎の中を歩き回りながら考えるのです。

ウォーキング読書はその延長上にあります。

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-01 読書の仕方
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.