023 書評

023 書評

「武士の絵日記」大岡敏昭 〜無名の武士のスーパー知的生活日記

2019/10/9    ,

久々の大ヒットです。  「武士の絵日記」。  日記好きにはたまらない。  大岡敏昭という方は,もともと江戸時代の武士の住まいの調査をされていた方です。その調査であちこち飛び回っていた先で出会った,絵日 ...

023 書評

「絵とは何か」 坂崎乙郎〜Lyustyleの読書

2019/10/4    

今日は「絵とは何か」  おそらくだれも読んだことがないんじゃないかと思います。  絵の評論家の書く本など,読んでもむずかしくてわからないに決まってる。それよりも,絵を見ていたほうがまだましだ。  坂崎 ...

023 書評

脳が変わる生き方 茂木健一郎 Lyustyleの読書〜ドキドキは、ワクワクである

2019/10/1    

 今回は,脳科学者茂木健一郎氏による「脳が変わる生き方」です。  僕は,脳に関する本を読むのが好きです。昔から自分がリアルに感じているこの世界は,実は脳の錯覚でそのように感じているだけではないかという ...

023 書評

スーパー書斎の遊戯術 山根一眞〜Lyustyleの読書〜

2019/9/22    ,

 Lyustyleの書評。 今回は,「スーパー書斎の遊戯術」です。  ご存知,我らが師匠、山根一眞氏のスーパー書斎シリーズです。 とうとう遊戯術へ  「週刊文春」に1990年2月から1992年12月ま ...

023 書評

徒然草〜ツッコミどころ満載の鎌倉ブロガー〜Lyustyle読書

2019/9/12    ,

今回お届けするのは「徒然草」  ご存知、吉田兼好のブログ、いや、随筆録です。 今更徒然草?  なんで今更徒然草かとお思いですか?  それは、1月ごろのLyustyleの読書で「ほしがらない生き方」を紹 ...

023 書評

「もののふ莫迦」 中路啓太〜もののふのみちに外れたものはいずれ滅びる〜lyustyleの読書

2019/9/8    

今回は、「もののふ莫迦」 中路啓太  久々の小説です。  2015年の「本屋が選ぶ時代小説大賞」を審査員全員一致て取ったすごい作品です。  この本を,私は昨年の秋頃買いましたが、いろいろと大変だった時 ...

023 書評

正解を出す力にもはや価値はない〜「ニュータイプの時代」 一読後感想

2019/9/7    ,

話題の「ニュータイプの時代〜新時代を生き抜く24の思考・行動様式」を買ってきたので、ざっと全てのページをめくりました。 その上で、まず第一読目のザッピングで心に残ったところをまとめます。 山口周という ...

023 書評

「日記をつける 荒川洋治」〜Lyustyleの読書

2019/9/3    

この記事は、メルマガ「知的迷走通信」で連載していたLyustyleの読書に掲載したものの転載です。  今回は,日記に関する本「日記をつける」です。  私は,子どもの頃から日記をつけることをこよなく愛し ...

023 書評

「本はどう読むか」清水幾太郎 〜Lyustyleの読書〜知の巨人へのぶつかり稽古

2019/8/31    ,

講談社現代新書で求めたこの本の奥付のところに「平成元年3月13日読了」と鉛筆で書かれていました。  昭和47年に第1刷が発売されたこの本を,私は平成元年に27刷で買いました。480円と書いてあります。 ...

023 書評

「二宮翁夜話」~尊徳の仕法「推譲の道」Lyustyleの読書

2019/8/31    , ,

 今日は「二宮翁夜話」   ご存知二宮尊徳さん、幼名の二宮金次郎の方がわかりやすいでしょうか?  薪を背負いながら本を読んでいる像で有名ですね。  二宮金次郎は、本を読むだけでなく、子どもの頃から自助 ...

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2020 All Rights Reserved.