学校現場でiPhone

2011年11月30日

朝の仕事がひと段落つくと、学校内をみまわります。

子どもたちが落ち着いて勉強しているか。

昨日気になったあの子どもは、今日はどんな様子だろうか。

先生たちがなにかこまっていることはないか。

危険なものが廊下に放置されたり、特別教室のカギが開いたままになっていたりすることはないか。

 

そうやって見回る時には左手にかならずiPhoneをにぎりしめてます。

気づいたことがあったら

FastEverSnapで撮り、Posteverでメモしておきます。

そうするとEvernoteに時系列でメモが並びますので、それをみながら一つ一つ処理していくようにしています。

 

研究授業でもiPhoneを役立てています。

その場その場の様子を撮影してEvernoteにおくり、其の場で授業記録を作っていくのです。

ただし、内臓のカメラだとシャッター音が子どもの学習の妨げになるので、無音カメラアプリを使います。

内蔵カメラほどの解像度はないけども、HDサイズ(200万画素相当)の写真はとれるので、授業記録には十分。

これでとっておきPosteverで読み込んでからコメントを書きどんどん送信します。

協議会では、Evernoteに保存された授業記録を見ながら、協議に参加します。

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

-03 メモ,手帳,ノート, 04 情報収集と生産
-, , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2020 All Rights Reserved.