過去のエントリーをGTDの視点から捉え直す

2011年10月24日

Input maximus 1 photo credit: Meyer Felix

私のブログ、

カテゴリーをみたら、「GTD」の項目がありませんでした。

そこで、昨日つくりました。

私は5年前からGTDを実践し始め、私の仕事のしかただけでなく生活自体が大きく変わりました。

GTDを実践するということは私にとって大きな意味と、意識上の割合を占めています。

それほど大きなGTDなのに、そのカテゴリーがありません。

しかし、こちらに来る前のSo-net時代も、Movabletype時代も、その前の楽天ブログ時代も、GTDのことを書いた記事がとても多いのです。

それはつまり、

私が行なっていることを、自分ではGTDというのだ、と思っていなかったということです。

今回はじめて基本資料である「ストレスフリーの整理術~はじめてのGTD」を読み、5年間やってきたことはまさにGTDそのものだといっていいんじゃないかと思いました。

そこで、過去のエントリーを掘り返して、週次レビューや収集、処理などについて言及したものは「GTD」というカテゴリーをつけて価値付け直してみようと思っています。

悪戦苦闘しながら、仕事や生活を改善しようとした後がみえておもしろいんじゃないかと思います。

それから、今後、このブログでは積極的にGTDのことを書いていきます。

なぜなら、知的生活を可能にするためには、GTDは欠かせないことだと思っているからです。

特に教師はみんなGTDをしたほうがいいと思っています。

そうすることで、「教える」という仕事に必要な「学ぶ姿勢」と「意欲」そして「時間」を保っていくことができるからです。

 

 

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

-教師と教育
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.