iPhoneメモアプリ Touch Writer がじわじわとくる

2010年11月7日

SpeedTextのユニークなリスト機能をもってしても・・・

今朝買ったiPhoneメモアプリの touch writer がとっても使いやすいという話。

メモアプリはこれまでさまざまなものを試してきました。

その結果iPhone版では、FastFinga と Speedtext の2大メモアプリが現在私のiPhoneに常駐しています。

なかでもSpeedtestの方をよく使います。

それは、非常に見やすく、洗練されたリスト機能のおかげです。

メモ入力の時に、あとから見やすいようにさまざまなアイコンを行頭におきますが、SpeedTextは、そのアイコンをタグにしてリストで見せてくれます。

さらにすごいのは、リストに引っ張ってくるメモが、ページ単位ではなく、行単位というところ。

これはすなわち、1枚のメモにアイデアやら、Todoやらを散らばらせていても、List画面でTodoのアイコンで検索すれば様々なページに散らばらせたTodoアイコンの「行(!)」ばかりをずらっとひっぱってきて並べてくれるのです。

これはすなわち、メモアプリがTodoアプリとなることです。

おもしろいことに、Todoアイコンをなでると、チェックがつき、そのリストから消えてしまいます。まさに手書きのTodoアプリと言ってもいいでしょう。

この機能のために、私はFastfingaを使わずSpeedtextを使ってきたのでした。

ところが、SpeedTextのそのユニークなリスト機能をもってしても、もしかしたら、このTouchWriterは私の手書きメモアプリの主力となるかもしれません。


とても読みやすいメモができるTouchWriter

起動して「+」を押し、メモ入力画面にすると、下にふたつの四角の枠が表れます。


この中に字を書くのですが、ひとつの枠に字を書き終えてから次のわくにかくと、自動的に確定されてメモ画面にどんどん表示していきます。


このスピードはたいしたもので、手がきの速さに遅れることはありません。すいすいとおもったことをメモしていけます。

この「枠に一文字ずつ書く」というのは一見わずらわしく感じますが、実はすごく読みやすいメモができるです。

一文字ずつ書いていると続け字になりません。だから、後から読んで読みやすいのです。

二つの枠がつながって、続け字で書ける手書きモードもありますが、これだとSpeedtextとかわらなくなりますし、それならリスト表示に優れたSpeedTextに軍配があがります。

だから、私は一文字ずつ枠の中に書いていくモードを選んでいます。

Twitter、evernoteはもとより、Dropboxとの連携にも対応。泣けてくる。

書いたメモは、画像としてTwitterにも、Evernoteにも送れます。これはSpeedtextやFastfingaも対応しており、この連携なくしてメモアプリは語れませんから当然として、TouchWriterはDropboxにも送れます。

この機能は結構ありがたいです。

jpg画像としてDropBoxのルートフォルダに送ってくれます。


スペースの長押しでチェックBOXの入力ができる。

メモ入力画面では、下部にスペースボタンがあります。

これをおすとスペースが入力できます。SpeedTextは1年前からスペース入力を簡単にしてほしいと要望があがっているのですが、いっこうに改善するつもりはなく、スペースを入力するにはアイコン入力ボタンを押し、その中からスペースを選んでおす、という手順が必要です。

スペースボタンをいれるくらい簡単だと思いますが、このアプリはあっけなく実現しています。

さて、これを長押しするとなんとChekBoxが入力できます。


このアイコンをタップすると、チェックが入ります。
ここは、SPEEDTEXTと同じ。

こういう機能は、こういったメモアプリがなんの用途で使われることが多いのかよくわかっていると思います。

タグをつけられるので、あとからの検索がしやすい

タグは、自由にどんどんつけていけますが、この手のアプリは仮置き場てきな意味合いがあるので、いきおいつけるタグも「Todo」とか「アイデア」とか仮の要素的なタグに限られてくるのではないかと思いますが、もちろん、このアプリをデータベースとして使ってもいいのです。

Speedtextのように、タグで一覧表示をすることができます。

でも、Speedtextのように行単位のタグ付けと検索・表示というわけにはいきません。あくまでタグはページにつけられますので検索もページ単位です。これが惜しい。

また、ユーザーからのあついアップデート要望として、こちらでつけるタグがEvernoteのタグと連動してほしい、というのがありました。

これは結構重要で、EvernoteでGTDの管理などをしている人にとってはタグの連動はとても有意義だと思います。

メモをみながらの書き取り機能

一番感動したのがとったメモを見ながらの書取り機能。


とったメモを見返しながら、その場でiPhoneのキーボードを使って書き取ることができるのです。ただのメモを文字とすることができるわけです。

書き取ったテキストは、同じ画面に表示されるのかと思いましたが、それはできないみたいで、クリップボードに貼り付けたり、mailで送ったりできるということになっています。


これには泣けた。

よく手書きアプリというものを知っているなあという機能だと思います。


興味のあるかたはこちら

iTunesの画面が開きます。

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

-11 生活を便利に
-, , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.