ヨムト(2)〜毎日100円ずつ払って本を一冊読み切る濃い読み方

投稿日:

Processed with MOLDIV

ヨムトは、簡単に言えば、1200円の本を毎日100円ずつ払って1日1話ずつ読み進めていくいく読書の仕方を実現する読書サービス。

読み切ると同時に、本一冊分の完済が終わるわけですね。

昨日、詳しく記事を書きました。

試しに、DaiGoの「ポジティブ・チェンジ」を試し読みしてみました。

プロローグを読んだだけで次が読みたくなりました。

この本は2話分試し読みができるようになっていましたので、続きを読もうとクリックしたら、次のようなメッセージが出ました。

あと22時間待てば、無料で続きを読むことができるようになっています。

しかし、今読みたければ、1話分のお金を払いなさいね、というメッセージです。

僕は、1日待てば無料で読めることを忘れて、ついうっかり2話目を買ってしまいました。

2話目は100円でした。

結論から言えば、僕は、この1話に100円以上の価値があると思いました。

面白いものです。

一冊まとめて買えば1200円です。これを全部読んだあと、僕はこの本に1200円の価値があったと思うかどうかわかりません。

でも、1話分ならそう思うことができるんです。

100円と言ったらジュース一本分。

おでん一串分。

チロルチョコレート一個分。

そのくらいのお金は、日常では結構気軽に払ってます。

そのお金でこの1話分が読めたと思うと、あまりに安くあがったと思わざるを得ません。

多くのヒントを得ましたし、ブログの記事のネタも二つできました。

これがジュース一本分で手に入ったのですから。

毎日、「今日は100円の価値があったなぁ」と思うことを繰り返しながら読み進め、読了した日にも同じことを思う。

「1200円の価値があった」ではなく、「100円の価値があった」を12回繰り返す。

遥かに濃い読み方ができる感じです。

1話1話の濃さが積み上がった一冊です。もしかしたら、一冊分1200円以上の価値を感じるかもしれません。

だって、一冊の中には価値の感じ方には粗密があるかもしれませんが、1話ずつ払っていると、粗密なく全てに「よかった」と思えるんですよね。その集合体としての一冊になるんです。

そういう感じ方をすることができる読み方ができるんですね。

ヨムトは。

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

-021 多読のしかた
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.