あおり運転の同乗女性のデマ拡散は犯罪か~知的迷走日記

このブログでは,社会的に大きな話題になっていることにはあまり積極的に触れないようにしているのですが,今回の無関係の人を犯人扱いするデマに関してはあまりにひどいものでしたので,関心をもって見ていました。

概要を振りかえってみれば,

常磐自動車道あおり運転暴行の事件に際して,16日あたりから同乗の女性の特定が始まり,17日には全く関係のない女性の名前,インスタアカウント,会社などが5ちゃんねるやTwitterなどで拡散されたものです。

女性は,18日,弁護士を立てて声明を出し,拡散した人に法的措置を検討しているとしました。

デマの拡散は犯罪に当たる

「アトム市川船橋法律事務所」の記事「デマの拡散はどんな犯罪になるの?」には,次のように書かれています。

名誉毀損罪(3年以下の懲役または50万円以下の罰金)

偽計業務妨害罪(3年以下の懲役または30万円以下の罰金)

デマの拡散はどんな犯罪になるの?

犯人出ない人を犯人扱いすることによる名誉棄損

そして,今回は,会社の業務の妨害による偽計業務妨害です。

 

これをみて,また同じことの繰り返しだなと感じました。

昨年の東名あおり運転の事件において同じことが起こっていたのです。

ある会社が,石橋被告の関係がある会社だといういわれのない誹謗中傷を受けて刑事告訴を行い,11名が名誉棄損罪で書類送検されたことです。

 

これは大きく報道されたので,多くの人がデマのリツイートは名誉棄損になるということは知っているはずなんですが・・・・

 

また同じことがくり返されました。

拡散の様子を振り返ってみると・・

私は8月17日の朝,twitterで知りました。

「ははあ,携帯で動画を撮りながら近づいてきていたあの女性がわかったんだな」と思い,しばらくTweetをたどっていきました。

しかし,そのTweetのどれにもソースがないんです。

どのメディアがいつその報道を行ったのかというソースがないまま,情報だけが広がっているんです。

しかも,名前や写真の拡散だけでなく,容姿に関するひどい誹謗中傷もどんどん拡散されていきました。

 

「あ~,これ,もしかしたら無関係の人のデマの拡散じゃないだろうか」

ソースがない以上,そう思わざるを得ません。

 

しばらく様子を見ていると,9:00頃から,「容疑が確定されていないのに名前を拡散したり顔をさらしたりするのはだめだろう」という意見が出始めました。

それからだんだん,事実無根の人をデマとして拡散しているのではないかというtweetが増えてきましたね。

 

間違われた本人も,

「おきたら犯罪者扱いされててびっくりですが,完全に事実と異なりますので,無視してください」

とSNSで投稿しました。

昼を過ぎたあたりには,「デマを拡散するとまずいぞ」というtweetがかなり多くなっているのに,まだこのデマを誹謗中傷とともにリツイートしているアカウントもありました。

まったく状況を把握していないのか,それとも捨てアカウントだからわからないとおもってわざとやっているのか。

それはわかりませんが,結局デマをデマと知らずにリツイートしたり,会社にまで電話をかけたりする人たちがあとを絶たなかったようです。

そこで,18日に,ご本人が代理弁護士を立てて声明を出しています。

 

上の声明文には,具体的な被害として,次のようなことが上がっています。

同月17日午前から、当該情報に触れたと思われる人物からの電話が当社に殺到しており、業務に必要な電話を取ることができず、無用な電話がかかってくることを防止するために当社ホームページの一部を非公開にせざるを得なくなるなどの業務上の支障

https://irocommu.com/2019/08/18/news/

 

法的措置の検討

声明文には次のように書かれていました。

当該情報は当社及び笹原の名誉権を著しく侵害するものです。なお、女性被疑者が笹原であることを積極的に発信する記事を投稿することのみならず、これを引用して広める行為(リツイートを含みます。)も、当社及び笹原の名誉権を侵害する行為にあたる可能性があるものですから、その旨を付言します。

以上の状況を踏まえ、当社及び笹原は当職と協議の上、虚偽の情報を広めている者に対し法的措置を取ることを検討しています。

https://irocommu.com/2019/08/18/news/

法的措置の対象として「リツイートを含みます」と明言されています。

拡散者は,さまざまな意図をもっています。

悪意もあれば,善意もあります。

良かれと思ってしていることが,犯罪になってしまうということもあります。

 

以前,悪意ある中傷で長く苦しんだスマイリーキクチさんは,次のように言っています。

「自分は,拡散しただけだ。よかれと思ったんだ。」

それは,もう通じないということですね。

人を陥れることは「快」である

人間は,だれかを陥れることで「快」を感じるという罪深い性質をもっているようです。

「陥れる」という言葉にはよくない印象がありますが,「だれかに知らせといてあげなきゃ」「ほかの人がこまらないように」良かれと思って拡散するというオブラートに包むと,その「快」にはなんだか正義が宿る気がします。

「私はよいことをやってるんだ」という気持ちですね。

実は,今回のデマによる拡散者が今度は5ちゃんねるなどで,つるし上げられている印象があります。

Togetterにまとめられたものを見ると,

拡散した人たちが,DMで当該女性に謝罪メールを送っているとか

最初に拡散した数万人のフォロワーを持つアカウントが,鍵をかけたとか

さまざまな展開があっています。

また,「Togetter」には,デマツイートが貼りつけられています。

 

これを見ていると,今度は,たたく相手が変わっただけのような気もします。

煽り事件の運転手

その道場女性

名前や写真の特定と誹謗中傷

そして,デマを拡散した人たたき。

だんだん対象が変わってきています。

まとめ

もともと,デマ拡散はどんな犯罪となるのかということについて調べていくつもりでしたが,だんだん考えることが広がり,

あおり運転~デマという一連の騒動の裏で,たたく相手がどんどん変わって言っていく様子が二重写しのような感じて見えた,そんな記事になりました。

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村

-17 知的生活的随筆

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.