知的生活日記

「なつぞら」子役の粟野咲莉さんの演技に嗚咽する

投稿日:

なつぞら、第2週に入り、ますます子役の子供たちの演技が冴えてくる。

だいたい主人公の子役時代は物語のせいぜい2話くらいまでしかないんじゃないか?

NHKの大河ドラマはだいたい2,3話で大人役に交替している。

「せごどん」も2,3話くらいまでだったし。

 

しかし、今回はもう2週目も終わろうとしている。

まだまだこの子の活躍を見たいくらいだ。

ずっとこの子のドラマを見ていたい。

それくらい、存在感のある子だ。

広瀬すずのハードルを上げている気がするほどだ。

 

その子の名前は,粟野咲莉ちゃん。

この子の表情はものすごい。

表情だけで、辛い、諦め、無理な笑いなどを使い分ける。

大人でも難しい表情の演技なのではないか。

無理して笑って諦め続けて、とうとう堰が切れたように草刈正雄じいさんの胸に飛び込んで号泣する姿をみて、私も嗚咽してしまった。

 

まだしばらくこの子を見ていたいと思う。

この子だけじゃなく、ゆみこちゃんやそのお兄ちゃん、夏の兄さんなども素晴らしい演技をする。

この子たちで2週目まで引っ張ってきた。

 

そして,意外だったのは,語りの内田光良が,実はなつの死んだお父さんと言う設定だったことが分かったこと。

毎回「なつよ。もうこうなったらがんばれ!」など,なつを励ますような語りだったのだが,今日は最後の語りで,「なつよ、私は約束通り、今もおまえと一緒にいるよ」と言ったのを確かに聞いた。

「お父さんだったのか!」

 

私は顔をゆがめてはなをひくひくさせ,嗚咽していた。

名作の予感ですね。。

 

この記事は,ScrapBoxの「知的生活日記」と連携しています。

こちら!

ScrapBoxで見ると,さまざまなリンクから旅ができますよ。

関連記事もどうぞ

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-知的生活日記
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.