「02 読書のスタイル」 一覧

no image

02 読書のスタイル

福原麟太郎 「読書と或る人生」

2010/03/14   -02 読書のスタイル
 

福原麟太郎先生の「読書と或る人生」に再会して3週間め。 少しずつ読み進めているがすごく面白い。 若い時にはそう面白いとは思わなかった。 若い時の読書はとにかく慌てていて、その本から知識や考え方を知る、 ...

no image

02 読書のスタイル

Tweetme で音声入力しながらお散歩読書

さっき散歩してた時、 #tweetme の音声入力をスタンバイして本を読みながら歩いていた。 抜き書きしたいところをあたかも電話をしているかのようにiPhoneに向かって音声入力。 それが全部テキスト ...

no image

02 読書のスタイル

毎日のルーチンワークとしての勉強読書

2010/01/11   -02 読書のスタイル
 

毎日のルーチンワークとしての勉強読書は、一つのボックスに入れて、読み終わったら新しいのと更新するようにしよう。 仕事が忙しい時はつい忘れることがあった。これでは、ルーチンワークとはいえない。 勉強は不 ...

no image

02 読書のスタイル

飽食暖衣、逸居して…

2009/10/11   -02 読書のスタイル

飽食暖衣、逸居して教なければ、すなわち禽獣に近し 「小学」中の言葉です。幼児期の教育の重要性はむかしからかわりません。 しかし昔の人はこれらの言葉を読み、あるいは読まされ、このような考え方を共通の感覚 ...

no image

02 読書のスタイル

[読書]江戸に学ぶ子育て人づくり

小泉吉永さんという元教師の古書収集家の方の本。  江戸期に行われていた教育の在り方を、埋もれていた当時の庄屋が子孫のために書き残した書物より紹介する。  現代の日本人としての規範意識は既に当時から大切 ...

no image

02 読書のスタイル

[教師と読書]本を読む習慣

本を読むことを、自分にとっての良き習慣として持っていることは幸せなことです。 本を読むことが自然に自分の生活の一部になっている状態は「忙しくて本を読む時間がない」、という生活とは無関係です。 空き時間 ...

02 読書のスタイル

人が生きていく上で大切な命綱

2009/08/12   -02 読書のスタイル

人が生きていく上で大切な命綱は、学力や財産ではありません。 孤立しない人間関係の術を獲得しているかどうかです。 人と紡ぎ合う手だてを失い、孤立したときに「仲間に入れて~」と、一言が気張らずにいえるかど ...

no image

02 読書のスタイル

テキストではなく興味の対象を周辺にずらす

2009/08/10   -02 読書のスタイル

リーディングハックスより 周辺に興味を持てれば対象そのものに興味が出てくる 将を射んとすればまず馬を射よ

no image

02 読書のスタイル

フォーカスリーディング

2009/03/03   -02 読書のスタイル

昨日の フォーカス・リーディング  ですが、わかろうと一生懸命になるほど、可読視野がせまくなり、その結果前後の脈絡を捉えながら読む力が弱くなって逆に分からなくなる、という論になるほど、と思いました。 ...

02 読書のスタイル

今年21冊目の本 フォーカスリーディング

2009/03/02   -02 読書のスタイル

 今年21冊目の本です。  昨日、散歩に行ったとき、目に入ったので買いました。  4年ほど前、フォトリーディングにはまりこみ、ブログまで立ち上げて熱心にやりました。  一時は講座にも行こうというほどの ...

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.