「02 読書のカタチ」 一覧

知的本棚論

今月の本棚 特別展示は「読書論」

2017/06/02   -知的本棚論
 

5月の特別展示は,「渡部昇一氏追悼特別展示」でした。   6月のテーマは「読書論」にしました。 あちこちの書棚から,「読書」について書かれた本を集めてきました。 読書の仕方。 読書の技術。 ...

知的本棚論

アクティブな本棚をつくる

2017/05/21   -知的本棚論
 ,

知的生活を希求する者にとって、本棚は単なる書庫ではありません。 それは日々大事に育てられ、使われるアクティブなものであるはずです。 辞書や参考書は頻繁に取り出されるので、取り出しやすいところになければ ...

03 知的生活日記 05 読書日記

源氏物語絵巻をいただく

知的生活日記 5月20日 本棚が充実 角川書店の日本絵巻物全集から源氏物語絵巻を知人からいただいた。 堂々たる装丁の大判本で,私の本棚の一番下,大判用の棚にも入らない。 本当にうれしい。夜な夜な取り出 ...

03 知的生活日記 05 読書日記

物理学はわからないが、物理学の物語は大好き~知的生活日記

帰宅してから食事に呼ばれるまで書斎で寝ていた。喘息がきつい。読書をする気力もなかった。 食事の後,本を読むことができだした。 読書について 昨日注文した「目に見える世界は幻想か?」が届いたので読み始め ...

03 知的生活日記 05 読書日記

知的生活日記 断腸亭日乗を読み進める

読書について プレジデントで紹介されていた「目に見える世界は幻想か?」を注文。科学は苦手だが、科学についての本は大好きだ。数学のことは全くわからないのにフェルマーの定理を何度も読むのと同じだ。 荒川洋 ...

03 知的生活日記 03 私のライブラリーをつくる 05 読書日記

 知的生活日記>本棚づくりに没頭

寝室書庫で,立って本のページをめくり,「はて,この本は書斎に置くべきではないか」とおもい,書斎と寝室を行き来する。 これがとてもいい。 部屋と部屋を歩きながら本を持ち運び入れ替える時の気持ちは,図書館 ...

no image

03 知的生活日記 05 読書日記

知的生活日記>元禄畳奉行日記が面白い

元禄御畳奉行の日記が面白くて読んでいる。 芝居が好きだったり、大酒飲みでその度に後悔するものであったり。 芝居好きがいつの間にか芝居論評家となる。 好きなことをただ書き続けることができるということは素 ...

Lyustyleの本棚から

Lyustyleの本棚から #1 「空から墜ちてきた歴史」

2017/05/07   -Lyustyleの本棚から

サピエンス全史を読んだ。 作者の圧倒的な想像力,洞察力に脱帽した。人間は小麦から家畜化されたなどという発想をいったいどこから得られたんだ! もちろん,著者の洞察力のすばらしさなのだが,私はこの本を読ん ...

03 私のライブラリーをつくる

本棚を愛でる〜渡部昇一氏追悼特別展示

成毛眞氏の「本棚にもルールがある」の中で提唱されている「特別展示」。 知的生活のための本棚づくりの1つとして、この「特別展示」はぜひ取り入れたいと思いました。 そこでは、私なりの知の編集が行えるからで ...

01 読書の仕方

10冊どころか20冊の本を並行して読むわけ

2017/04/19   -01 読書の仕方
 

今朝、書棚から並行して読むための20冊の本を選び出し、所定の棚に並べました。 10年ほど前に、「本は10冊同時に読め!本を読まない人はサルである」という,なんだか怒られているような本を読んで,そんなに ...

03 私のライブラリーをつくる

知的生活日記 ~本の発見

書棚のメンテナンスが毎晩の私のルーチンタスクとなってからすでに何年経っただろうか。 メンテナンスと言ってもそんなに仰々しいものではない。本たちを愛でながら、この本はこっちの方がいいかな、こんなところに ...

01 読書の仕方

現在の読書のあり方~少ない読書時間を並行読書でやりくりする

先日、わたしの私淑する知の巨人に再開した話を書きました。 私の私淑する知の巨人に再会した話 | 知的生活ネットワーク その中で、その方は多忙であるにもかかわらず10冊の本を並行して読まれているというこ ...

01 読書の仕方

今年は,生産よりも読書に時間を使います

2017/01/18   -01 読書の仕方
 , ,

今年になってから、ブログやお話、電子書籍や挿絵描き、サイト作りなどを一旦ペースダウンして、読書にかける時間を多くしました。 昨年は様々な生産に多くの時間をかけたことで、読書の時間が激減していたからです ...

03 知的生活日記 05 読書日記

知的生活日記 「私から年齢を奪わないでください。働いて,ようやく手に入れたのですから」

「遅読のすすめ」の第2部を読んでいるとき,この言葉に出会った。 「私から年齢を奪わないでください。働いて,ようやく手に入れたのですから」 メイ・サートンという作家の言葉。 文中では章の最後に一行,さら ...

01 読書の仕方

知的生活の迷走 *「その新しい1ページが今始まる!〜新聞電子版契約?」

さて、昨日は楽しく迷走しました。 きっかけは、パスモさんの記事です。 トップレベルの情報発信者がどれだけ多くのインプットをしているのか!?『僕らが毎日やっている最強の読み方』これを知れただけでも読む価 ...

03 知的生活日記 05 読書日記

知的生活日記 「かーそる」読書日記⑨ irodrawさんの章 10個目のヒントに私の迷走を見る

「豊かすぎる情報とツールを目の前にして「最強の知的生産の技術」を求め、さまよっている人もいるように見えます。」 のっけから打ちのめされる。ぼくのことだ。迷走ばかりしている。 あれこれいろんなところに寄 ...

03 知的生活日記 05 読書日記

知的生活日記 「かーそる」読書日記⑧ Hibikiさんの章 新しい知的生産論はブログを書く意味に通ずる

利己的なはずのストーリーが、実は集団を多様にする。 Hibikiさんは、「かーそる」執筆人の一人であるchoiyakiさんがアシタノレシピで大好きなブログとして紹介されていたブログ「23-second ...

03 知的生活日記 05 読書日記

知的生活日記 「かーそる」読書日記⑦ Go Gujitaさんの章 子どもの知的生産の技能を,学校,家庭,地域社会で育てる~若干の異論を添えて・・・

知的生産に関する「子ども」の視点 学校関係者がぜひ,読んでおきたい記事。 最初の食育の話からグイグイ引き込まれる。知的生産の話のはずだが、いつの間にやらそう言うことを忘れて読んでしまった。 「まず、自 ...

03 知的生活日記 05 読書日記

知的生活日記 「かーそる」読書日記⑥ choiyakiさんの章 知的再生産について考えた

時間が経てば、自分は他人と同じというキーワードで、知的生産ということを考え直させてくれた。 人様ではなく、先の自分、すなわち時間が経って他人となるであろう自分は、今の自分が考えたことをきっと何か新しい ...

03 知的生活日記 05 読書日記

知的生活日記 「かーそる」読書日記⑤ いっきさんの章 詩的に読む

「技術ということ,生産ということ」 実に軽快に読み上げてしまった。 「そこでは,たぶん「生産」と同じような技術が,使える。GTD,デイリータスク・リスト,第2領域」 「・・・。いや。そうはならない,と ...

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.