教師と教育

始業式の日

投稿日:2009年1月8日 更新日:

「おはよ~!」という声とともに教室に入る。
「おっはよ~!」という元気な声が帰ってくる。うれしいひととき。
新年のあいさつをしてから、口々に冬休みのことを話す子どもたちの話に耳を傾ける。
学級通信や、百人一首の赤札一覧表、括弧からのお手紙、卒業までのスケジュールなどをならべ、始業式から帰ってきたら一人ずつもっていくように指示。
始業式の後、校長先生にお話をいただく。
2学期までの活動を評価していただくとともに、あと3ヶ月でがんばってほしい点を課題としてお話をされた。
それは「あいさつ」
子どもたちは自分たちでもあいさつの声がだせないことを自覚している。
学年全体の課題として取り組むようにまとめた。
 教室へ帰ったら、卒業へのスケジュールをみながらいろいろと話していたので、「これをみて、どんなことを考えたのか」「卒業までにどんなことをしたいのか」について考えを書かせた。
 あとで読んでみたら、「こんなに卒業までの時間が短かったのか・・・」と改めて驚いていた子がたくさんいた。「1日1日をたいせつにしなきゃなあ」と実感してくれたようで、よかったなと思う。
 また、校長先生が話されたあいさつについて書いている子が多かったのもよかった。
 ちゃんとうけとめてくれているようだ。
2時間目と3時間目は学級活動。
 係を決めたり、席替えをしたりして、3学期の学習と生活の筋道をつけていく。
 
 係活動は、クラスでの役割活動と、ボランティア・サークル系の活動とを分けている。
 役割活動は、「レターボックスを見に行く」」とか「掲示物をメンテナンスする」など、クラスが支障なく機能するために必要な役割を割りふる。必須。
 ボランティア・サークル系の活動は、「新聞を書く」「レクを企画する」「イベントを企画する」などのように、クラスを楽しくするための潤滑油。ここに子どもたちの独創性が発揮される。いわゆる高学年における「係活動」とはむしろ生活を楽しくするための、こちらの活動をさす。内野クラスでは、作りたい人がいくつつくってもいいし、楽しそうなサークルがあったらいくつ所属してもいいことになっている。
 今日は、上の役割系係の活動を決めた。
 席替えをしたり、カウントダウンカレンダーのどの日を受け持つかを決めたりなど順調に進め、
 3学期のクラスの形をつくってから初日を終えた。
 やっぱり、教室はいい。
 卒業まであまりないが、わくわくする。

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-教師と教育

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.