日記

伝記を読む

投稿日:

日刊よもやま話286

以前、下記のエントリーで、読書に伝記を加えるべきだと思い、その後何冊かamazonで買い求めて読んできました。

日刊よもやま話125 伝記を求めて読むべきだな | 教師の知的生活ネットワーク.

おとなになってからあまり伝記というものを読まなくなっていましたが、大人であるからこそ伝記が必要なのだなということを改めて思ってます。

 

大人のために書かれた伝記としていくつか求めてみましたが、その中で内村鑑三の書いた「代表的日本人」という本は非常に興味深く読めました。

代表的日本人 (岩波文庫)

西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人があげられています。

「いわずとしれた」偉人たちばかりですが、初めて出会った方々のような気がしました。

私が一番興味を持ったのが、これを書いた人が内村鑑三という、これまた伝記となるべき人物で、書かれた時代も維新後40年ほどした経ていない時期。

しかも、外国人相手に英語で書かれた本を和訳したもの。

当時の世界史的事情の中で、いかに日本人がすぐれているかを内外に伝えたいと考えて書かれた本なのですが、当時容易に入手できたさまざまな資料を駆使し、それをとてもわかりやすく書いています。

距離を表す単位にマイルがでてきたり、面積をエーカーで表したりなど、なるほど外国人向けに書いてあるなと興味深いのですが、それほど内村鑑三がアメリカの事情に精通した上で書かれたほんなのだな、と思いながら読みました。

明治維新後40年。

そういえば、夏目漱石の「吾輩は猫である」にも外国の、物理学の論文をネタにしたものやさまざまな文学作品などが取り上げられていますが(それを探していくのもおもしろい)、それが「ホトトギス」に発表されたのは1905年(明治38年)でこれも同じ頃でした。

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-日記
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.