マインドマップ

MindManager9の話

投稿日:

MindMapは随分前から描いてて、2006年くらいからだからもう5年以上になる。

PCでもさかんに描いてて、主力として使っていたのはMindjetのMindmanager Pro6だった。

このMindManagerというのは、数あるMindMap作成ソフトの中でも定番となっている。使いやすいので、これでずいぶんMapを描いたものだ。

その後バージョンアップが繰り返され、7,8,9と続いたが、私はアップグレードもせず、ずっとPro6のままだった。

今回、旧版のすべてのバージョンに9月29日までの期限付きで安価なアップグレード権がついたので、さっそくサイトに行ってポチリ。10500円で、一気に6から9にアップすることができた。

今日は、仕事で使うレポートの作成のためのアイデア整理にダウンロードしたばかりのMindManager9を使った。

その都度気づいたことをTweetし、それをTogetterでまとめたので興味のある方はどうぞ。↓

MindManager9について (Togetter)

 

しばらく使ってみないとわからないけど、トピックをどんどんつけくわえていける気持ちの良さ、さくさく感は、9でも健在でうれしかった。

一番基本の部分がアップグレードにより台無しになってしまうソフトもいくつも見てきたが、MindManagerはその点、安心して使えるなと思った。

今回興味を引いたのがガントチャートが搭載されていること。

たしか前は別売りか何かではなかったかと思う。これは、

トピックに仕事情報として日付などを与えたら、即座にガントチャート上に反映されるもので、タスク同士の親子関係、優先関係、機関などが手に取るようにわかる。

MicroSoftのProjjectのような感じ。

こういうの見ると、今使っているAppigoのTodoOnlineや、NozbeをやめてMindManagerでプロジェクト管理をしてみたくなるが、まあ、どうなることやら。

 

MindManager活用ハンドブック―Visual Thinking Tool







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-マインドマップ
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.