未分類

正答率が上昇、地域差縮まる 全国学力テスト結果公表

投稿日:

NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース-内外の事件・事故や社会問題から話題のニュースまで
 文部科学省は27日、小学6年生と中学3年生を対象に4月に実施した2009年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。大半の科目で平均正答率が前回を上回ったが、知識を活用する応用問題は依然低迷した。過去2回と比べ、都道府県間のばらつきは縮小。秋田や福井は今回も好成績を収め、上位県の固定化が鮮明になった。
 正答率が前回(08年4月)より上がったことについて、文科省は「問題量を減らし、時間的な余裕ができたため」(学力調査室)と分析。問題の難易度は前年並みとみており、「学力の経年変化は不明」としている。
 全国学力テストは今回が3回目。昨年まで不参加だった愛知県犬山市が加わり、計約234万5000人が受けた

 この結果で、また教育委員会があれやこれやの手を打ち始めますね。
 この手のニュースを見ると、内容は「どの県が上位。どこが上がった」と、そのようなことばかりです。
 一人ひとりの子供、というかけがえのない実体が、県というものに抽象化されてしまう。
 うちの県はあがったとか、どの県はさがったらしい、とか。
 
 秋田は上位県に固定化されたとのことだが、そこにだって、たくさんの学校があり、そこにたくさんの子供がいる。秋田の子はだれでもよくできる、というわけではない。
 それなのに、秋田=よくできる というように抽象化されていく。
 教育委員会も平均より高いとか低いとかでいろいろ手をうっていると、単なる県間の競争になってしまって、なんのための学力テストかわからなくなってしまう。
 
 ようは、みんなが学習目標をたっせいできればいいんです。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-未分類

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2018 All Rights Reserved.