02 アプリたち 試してみた

simplenoteがアップデートしていた!

投稿日:2011年2月6日 更新日:

2011 2月5日(土)simplenoteがアップデートしていた。
一番の目玉はタグ入力時にリストから選べるようになった事だと思う。こうでないと、微妙にちがう同じ意味のタグがいくつもできてしまうことになるからだ。タグやカテゴリーはリストから選べないとだめだ。
また、文面をリスト表示する機能が加わった。
すなわち通常の文面における段落ごとに切り取り線を入れて表示させるのがリスト表示ということになる。ただそのような見せ方をしているのではなく、リストごと前後に異動して段落の入れ替えをおこなうことができる。Todo用途などに使えるのだろう。
「リスト」というから、もしかしたらフォルダ機能のことをそのように表現しているのか?と期待したが、フォルダ機能のことでなくて残念だった。
さらに、プレミアム版のみのアドバンテージとしてdropboxとの連携ができるようになった。
ブラウザ版のSimplenoteの設定画面にDropBoxとの連携オプションができている。アプリからでは設定できない。
これで、今後は自動的にDropbox内のSimplenoteフォルダにプレーンテキストとして蓄積されていくわけだ。なんて便利なんだろう。
しかし、大きな問題がある。それは、Simplenoteがファイルに書き出す時に日本語文字をすべてスポイルしてしまい、2キャラクター文字は「ー」に変えられてしまうことである。
DropBoxのSimplenoteフォルダの中身や、Evernoteにぞろぞろと送られてくるファイルの中身はすべて「-」の文字だらけになってしまい判別がつかない。
結局、Dropboxとの連携を切った。そのうち日本語に対応するだろうからそれまで待ち、ということになる。プレミアム版であるアドバンテージが下がってしまった。
ところで、WindowsのクライアントであるResophnoteにはその機能がある。
Resophnoteを立ち上げることにより、Simplenoteの更新がResophnoteに反映され、これを介すことによってDropboxに自動保存されるのだ。
逆に言えば、Resophnoteを立ち上げなければDropboxには保存されない。
こういう「手動」が間にあるとどうもテンションが落ちる。同期のような行為は「自動」でいつのまにやらできている、というのが望ましいのだが・・・。
できるだけはやい日本語対応を望む。それまではしかたないので、Resophnoteに頼ることになる。
さて、このDropbox内につくったSimplenoteのフォルダをEvernoteのインポートフォルダに設定すれば「自動的に」Simplenoteでの更新がEvernoteにも保存されることになる。
インポートフォルダとしてSimplenoteのフォルダを設定したとたん、ぞろぞろとEvernoteにテキストがながされてくる。
ただしかし残念なことにすべてがテキストの添付ファイルなのだ。
これじゃありがたみが少ない。
Dropbox経由するからファイルになってしまう。
Dropboxをかまずに直接Evernoteにいけばいいのに、と思った。

オモイデカバー(アンティークのコンポートに合わせて。)

Simple
photo credit: ONO Shozo







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち, 試してみた
-,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2018 All Rights Reserved.