12 黎明記

「街の遺産」というハッシュタグの提唱

投稿日:

散歩していて面白いものが目に留まりました。

レンタルレコード

「レコードレンタル」とあります。

レコードレンタルとは!?

30年ほど前まであちこちの街にあった、レコードをレンタルするお店です。

 

CD登場前夜、レコードが近い将来衰退するなどとは想像もできないほど隆盛を極めていた時代。

数百円で借りては、自宅のカセットデッキ(遺産)で録音し、翌日返すということが成り立っていました。

 

好きな音楽ができたら、ラジオで待ち構えて、「かかった!」という瞬間にラジカセの録音ボタンを押すという、いわゆる「エアチェック」という行為で一つ一つの、需要はまかなえていましたね。

DJなどの「それではどうぞ」などの声がイントロにかかっているなんていう仕方ないおまけは付いてましたけど。

 

そうやって、「このアーティストすき!」ということになれば、お年玉をはたいて、2500円握りしめてレコード屋に通うのですが、いつもそういうわけにもいかないので、そんなキッズのためにこのような店の需要がありました。

 

カセットへの録音なので、もちろん劣化します。

だから違法性があまり問われなかったのか、かなり長いこと存在していた気がします。

 

後年、レンタルCD(これも古い)で借りてきたCDをパソコンにリッピング、それをCDで焼いて、「これ、俺が焼いたから」などいかにも親切顔で友達に渡す、という行為よりもはるかにかわいいものでした。

魔窟の様相

店によっては、ちょっとした小部屋が用意してあり、カーテンか何かで区切られているスペースにドキドキしながら入ると、そこには高速ダビング機が置いてありました。

レコードだけでなく、アルバムがカセットでも売られていた時代です。

カセットのレンタルも行われていました。

 

アルバムのカセットを借りると同時に、カセットテープも購入し、何食わぬ顔でこのスペースに入り、マスターと空のテープを双方セット。

ボタンを押すと何倍速かでダビングが開始されます。

店主は見てみないふり。

ダビングが終わると、さっき借りたカセットテープを店主に返し、店を後にする。

 

そんな魔窟が「レコードレンタル屋」でした。

当時、僕の友人もよくバイトしましたね。

 

永遠に廃れることなどないと信じていたレコードとカセットの文化。

実際にはその後5年を待たずして、80年代初頭から流行り始めたCDに取って替わられます。

その時代の遺産がまだ残ってました。

 

2階に上がるところがドキドキポイントですね。

Twitterハッシュタグに「街の遺産」

面白いのでTwitterに投稿しようとして、#街の遺産 とハッシュタグを打ってみたら、そんなのないとの返事。

意外でしたね。

いくらでも上がってるだろうと思っていたので。

それで、作りました。

面白いものが集まったらいいと思うので、どうぞお手元の面白い遺産写真を投稿してくださいな。

コーチLyustyleのサイト

lyustyle
コーチとして活動するにあたり,専門のサイトを立ち上げました

コーチングLyustyle

  • コーチングの意味
  • コーチングを受けることで得られるもの

などに加え,

さまざまな悩みや問題をともに考え前進していくための情報を掲載していきます。

こちらのブログとは協力に連携をしていくつもりです。

lala
どうぞご訪問ください。

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-12 黎明記
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2019 All Rights Reserved.